読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれを記録していくブログです。情報処理技術者試験の話題多し。高度試験の攻略についても書いてます。

【Linux】bashのコマンド履歴数を増やす

Linuxの代表的シェルであるbashでは、実行したコマンドの履歴を残せます。
historyコマンドで実行したコマンドを一覧表示したり、上下カーソルでたどって過去のコマンドを再実行できたりと、快適なCUIライフには欠かせない機能です。
(ちなみに、Ctrl-rで、過去のコマンドをキーワード検索できます。)

しかしながら古いコマンド履歴は消去されてしまいますので、Linuxを長いこと使っていると困ることがあります。
bashの保持するコマンド履歴は、デフォルトでは1000件です。多いように思えますが、結構あっという間に溢れてしまいます。)

続きを読む

情報処理技術者試験の勉強方法 〜合格するための勉強をしよう

2017年度春期の情報技術者試験まで、残すところ約1ヶ月となりました。
今回は、情報処理技術者試験の勉強のやり方について、触れたいと思います。

試験区分ごとではなく、全般的な勉強法についての記事ですので、やや具体性に欠けるところがあると思いますが、時間がある方はご覧いただければ。
(一応、春期実施の個々の試験についても、最後に少し触れたいと思います。とはいえ、私が取得している試験区分でしか述べられませんので、対象は基本情報技術者応用情報技術者データベーススペシャリスト、それから情報セキュリティスペシャリストの後継である情報処理安全確保支援士についてのみです。)

続きを読む

【Linux】bashの操作をvi風にする

さて、前回記事の続きです。予告通り、bashのviモードについて。
bashは標準だと、emacs互換の操作モードとなっていますが、これをvi互換に変更できます。

続きを読む

【Linux】bashのキー操作について

今回は、Linuxの代表的シェルであるbashの操作について。

bashは、標準だとemacs互換の操作モードになっています。
なので、割と知らない人も多いのですが、以下のキー操作が可能です。

続きを読む

【Linux】 Vim使用中にシェルコマンドを使う

今回はVimの話を少々。
Vimって何?という方は、そもそもこんな記事読まないと思いますが、もし居られたら以前の記事などご参照ください。

oplern.hatenablog.com

続きを読む