Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれを記録していくブログです。情報処理技術者試験の話題多し。高度試験の攻略なども。最近はやや歴史づいてます…。

歴史

【梁山泊】大砲と水滸伝【大砲の誕生と発展】

本日は、水滸伝とそれにかこつけた大砲についての記事です。 以前、二本ほど、水滸伝に関する記事を書きました。 oplern.hatenablog.com oplern.hatenablog.com で、その際なんの気無しに水滸伝カテゴリを作ったのですが、それ以降、水滸伝がらみの記事は書…

【旧日本軍】手榴弾あれこれ その2【日中戦争・太平洋戦争】

前回、手榴弾についての記事を書きました。 oplern.hatenablog.com 今回はその続き。手榴弾にまつわるちょっとした話を。前回同様に旧日本陸軍のネタが中心です。

【旧日本軍】手榴弾あれこれ【陶製手榴弾】

唐突ですが、今日は手榴弾について触れてみます。とはいっても、主に太平洋戦争当時の手榴弾についてごく簡単に。 手榴弾のごくごく基本的な知識 手榴弾とは、その名前の通り「手で投げる榴弾」です。榴弾とは、中の火薬を爆発させることで、榴弾外殻や内部…

【日本の暗号】かいぐんのあんごう【海軍D暗号】

以前、第二次世界大戦当時の日本の暗号について、外務省暗号を中心に記事を書きました。 oplern.hatenablog.com 今回はその延長というか、当時の大日本帝国海軍の暗号について触れてみます。

【パープル暗号】にっぽんのあんごう【マジック】

前回記事にて、映画「イミテーションゲーム」に触発されてエニグマの記事を書きました。で、その際ついでに、第二次大戦当時の日本の暗号についても少し触れています。 oplern.hatenablog.com 今回はその日本の暗号について、外務省暗号(パープル暗号)を中…

【暗号】イミテーションゲームとエニグマ【映画】

イミテーションゲーム イミテーションゲーム、という映画をご存知でしょうか?第二次世界大戦時のドイツが使用した暗号「エニグマ」の、イギリスによる解読を題材とした映画で、IT関係者には(名前だけ)なじみ深いアラン・チューリングが主役です。 2017年5…

【陰謀論三部作】浜の真砂は尽きるとも【完結編】

前回、前々回と、陰謀論(陰謀史観)についての記事を書きました。 oplern.hatenablog.com oplern.hatenablog.com 今回は、陰謀論三部作の完結編です。まあ、本当は三回も書くつもりはなかったので、完結編とか今思いついただけですが。前々回はユダヤ・フリ…

【真珠湾】ローズヴェルトは知っていた(何を?)【リメンバー】

前回、陰謀論…というか陰謀史観についての記事を書きました。 oplern.hatenablog.com 今回は、そのおまけというか、書きそこねた真珠湾陰謀説について少し書いてみようと思います。 なお、当ブログでは、情報技術者試験を中心とするIT関係の記事が多いのです…

【陰謀論】世界はxxに支配されてます。【陰謀史観】

怪文書コレクション その昔、90年代末のインターネット黎明期(…とするかどうかは異論があるかもしれませんが)に、怪文書保存館という団体が設立されました。 怪文書保存館: http://www.hehehe.net/library/(エンコードを明示的に日本語SHIFT JISにしない…

銃剣と世界の痛み

先日、中学校体育の武道種目に「銃剣道」が追加されたことに触発され、銃剣についての記事を書きました。 oplern.hatenablog.com 今回は、上記記事のおまけというか、ついでの記事です。なお、タイトルに意味はありません。某エターナルチャンピオンの小説タ…

銃剣(バヨネット)の華麗な世界

当ブログでは、情報技術者試験を中心とするIT関係の記事が多いのですが、たまにITと全く関係ない記事を書くことがあります。で、大体そういった記事の場合はアクセス数が少なく、俺はこの世に必要とされてないんじゃないかとか以下どうでもいいし前にも書い…

信長の野望 全国版は、民忠だけ上げときゃOK

今日は珍しく、ITと関係ない記事です。記事タイトルと内容はあまりリンクしてません。レトロゲーの記事だと思った方、ごめんなさい。ちなみに私のブログのアクセス数は大したこと無いのですが、IT系でない記事のアクセス数はさらに少ないです。あまりに少な…