読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれを記録していくブログです。情報処理技術者試験の話題多し。高度試験の攻略についても書いてます。

T90CHI-3775レビュー番外編 NetWalkerとT90CHI

PC Linux T90CHI

※今回、T90CHI-3775の話はほとんど出てきません。

皆さんは、NetWalkerをご存知ですか?
2009年にSHARPが発売した、小型Linux端末です。

f:id:lmacs510:20160326063422j:plain

CPUはARM系のi.MX515を採用しており、OSはUbuntu9.04となっております。
昔、PDAが(ごく一部で)もてはやされた頃、Linux搭載ZAURUSが出てましたが、その直系の子孫と言えるかもしれません。

さて、このNetWalker、発売から6年経過してますが、私は未だに使用しています。(キーボード付きのPC-Z1を使用)。欠点も多いのですが、このサイズで「ちゃんとしたLinux」が使える端末というのは他に無いのです。
主な使用用途は以下。

SSHまたはリモートデスクトップによる、サーバへのリモートアクセス

自宅サーバおよびVPSの管理でリモートアクセスするのに使ってます。ちなみに、リモートデスクトップは、VNCでは無くrdpを使っています*1。rdpの方が軽いんですよね…。

ちょっとした開発

NetWalkerLinux端末ですので、様々なプログラム言語が利用可能です。しかも(Ubuntuなので当たり前ですが)apt-getコマンド一発で処理系、開発環境ともインストール出来ます。
NetWalkerの数多い欠点として、キーボードがペタペタした感触*2で打ちにくいというのがあるのですが、私が主に使っているrubyは、コードが短くて済むのでちょっとした開発なら十分可能です。

Webサイトの利用

開発時の調べ物やコマンドの確認時に利用します。FireFoxChrome、ちょっと変わったところでMidoriなどが使えます。

さて、こうして活躍してきたNetWalkerですが、当の昔にOSサポートが切れている上、時代の流れと共に性能が不足してきています。そのため、最近はSSHポートフォワード+リモートデスクトップVPSに入り、そちらで諸々の処理を行うという、迂遠な状態となっておりました。
さらに、最近バッテリーがヘタってきてて、3時間も経つと残量が心もとないことになってきます*3

そこで、ついにNetWalkerの後継として使えるものを探し始めたのですが、その折にT90CHIに新型が発売され、しかもかなり価格が下がっていたのです。
さすがにNetWalkerよりはデカいけど、バッテリー持ちも悪くなさそうだし…ということで購入にいたりました。しかし、この時点から課題事項だったのが「OSがLinuxでは無い」ということです。さて、くどくどと周りくどい話をしてきましたが、何が言いたいかというと

T90CHIはNetWalkerを代替できるのか

を検討したいということです。次回のT90CHI-3775レビューはこの観点にて行う予定です。

あとシャープさん、大変だと思いますが、いつかまたNetWalkerみたいな尖ったヤツをお願いできないでしょうか?

 

*1:NetWalker側はrdesktop、サーバ側はxrdpを使用

*2:何を言っているのかわからないと思いますが、本当にペタペタした感触としか言いようがありません。

*3:当初は、6時間くらい平気で使えてました