Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれを記録していくブログです。情報処理技術者試験の話題多し。高度試験の攻略なども。最近はやや歴史づいてます…。

無料で読めるIT系書籍

当ブログは情報技術者試験の話題が中心です。
しかし、先日、春期試験が実施され、10月の秋期試験まではしばらく間がありますので、情報技術者試験については、当面はゆったりというか、あまり切羽詰まってない感のゆるい記事が多くなりそうです。
(もちろん、継続的には書いていきますが。情報処理安全確保支援士といった、まだ先の見えてない制度も出てきてますしね。)

私は、試験3ヶ月前くらいからは、がっつり試験勉強に時間を費やすので、試験終了後のこの期間は別のことをやれる貴重な時期だったりします*1

 IT関連の業務に携わっていると、なかなか資格試験の勉強だけしてるわけにもいかないので、この時期に色々な技術を触っておかなければなりません。新しく出てくる技術も多少押さえておきたいですし*2

で、そういった勉強となると、やはりネット上に散在している記事よりも、書籍でまとめて学習したくなるのですが、いかんせん技術書が高い
1冊で3000円も4000円もする技術書を何冊も購入するのは辛いです。
趣味的に歴史関係の書籍も結構買うので(こちらも高い!)、実質賃金が下がり続ける昨今、そう気軽にホイホイ技術書を買ったりは出来ません。
そこで、少しでも節約するために、Web上の無料書籍を有効に利用すべく、色々探したりしてます。

今日は、そうやって漁ってきたWeb上の無料書籍について、紹介したいと思います。
他サイトに類似の記事がたくさんありそうですが、気にせずいってみましょう。

複数の書籍をダウンロードできるサイト

LPI-Japan

最初は、Linux系を中心に資格試験を行っているLPI-Japanさん。
Linuxおよびデータベース(PostgreSQL)についての書籍がダウンロードできます。

www.lpi.or.jp

www.oss-db.jp

内容については入門者から中級者までといった印象ですね。
ファイル形式は、PDF、EPUB(他にKindle版(有償)やiPadアプリ版もあります)。
なお、ダウンロードの際には、姓名、所属団体名、業種、職種などのアンケートに答える必要があります。

@IT

続いて、@ITさん。
過去の連載記事をまとめたPDFをダウンロードできます。

www.atmarkit.co.jp

連載記事ですので、内容については様々です(書籍というには、ボリュームが少ないかもしれません)。
全部に目を通しているわけではありませんが、個人的には「セキュリティ・ダークナイト」、「セキュリティクラスターまとめのまとめ」あたりが特に面白かったです。
なお、ダウンロードにはアイティメディアIDへの登録が必要となります。

オライリー

O'Reilly Japan Ebook Store

オライリーさんは、英語版では無料書籍が結構あるのですが、日本語版は以下二つだけです(2016/04/29現在)

www.oreilly.co.jp

www.oreilly.co.jp

いずれもEPUBかmobi形式となります。
なお、ダウンロードにはユーザー登録が必要です。

書籍単体のサイト

入門GTK+

GTK/GNOMEによるGUIプログラミング - Sugaya's PukiWiki

GUIツールキット、GTK+の入門書です。
書籍版もありますが、ありがたいことに上記サイトからPDF版がダウンロードできます。
LinuxGUIアプリケーションを作ってみたい方はぜひ。

ProGit

Pro Git 日本語版電子書籍公開サイト

分散型バージョン管理システムGitの解説書。ファイル形式はPDFです。
最近は、オープンソース系でなんかやろうとすると、Gitが必要となることも多いので、あまり触れたことが無い方には特におすすめします。

Scheme

独習 Scheme 三週間 Teach Yourself Scheme in Fixnum Days

Lisp系のプログラム言語である、Schemeの入門書です。
こちらは、入門サイトをまとめてダウンロード(HTML)できるもので、電子書籍とは言えないかもしれませんが、せっかくなので掲載。Lisp系言語に触れてる方は少ないと思いますので*3、結構新鮮だと思います。

他にも探せばいろいろあると思います。
提供者に感謝しつつ、有効に利用させていただきましょう。

 

 

*1:前に書いた通り、少しだけ試験勉強もしてます。

*2:それでも、最近は新しい技術が出てくるペースが早くて、追いつけてないんですけどね。

*3:Emacs使いは除く