読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれを記録していくブログです。情報処理技術者試験の話題多し。高度試験の攻略についても書いてます。

【Linux】ターミナル上で画像を表示する(cacaview)

Linux その他

今日は小ネタです。

SSHでサーバに接続している際、サーバ上の画像ファイルの内容を確認したくなることがあります。ごくたまにですが。
この際、接続元もLinuxで、X11転送が許可されていれば、eog等の画像ビューアで確認が出来ます。

しかし、接続元PCがWindowsだったりすると、なかなかそういう訳にもいきません。
一応、WindowsでもX-Windowサーバを動かすことは可能*1ですが、このためだけにソフトをインストールして設定して…というのは面倒でしょう。

そこで、ターミナル上で画像が表示できるツール、cacaviewです。

 こんな風に、画像をアスキーアートに変換、ターミナル上で表示してくれます。

元画像

f:id:lmacs510:20160519065826j:plain

cacaviewで表示した画像
f:id:lmacs510:20160518232518p:plain

ターミナルのフォントサイズを小さくすれば、かなり判別できるようになります。

f:id:lmacs510:20160518232533p:plain

ちなみに、インストール方法は以下。ただし、Ubuntuでしか確認してません。Debianにもパッケージが用意されてたと思います。

sudo apt-get install caca-utils

私はプライベートのファイルサーバに入れてます*2。たまに便利です。ごくたまに。

画像サンプル

せっかくなので、他にも色々見てみましょう。なお、以下の画像サンプルは私の好きな作品を変換・表示したものです。

ナポレオン 獅子の時代

f:id:lmacs510:20160519065900j:plain

f:id:lmacs510:20160518232628p:plain

もう、10年以上続いている、ナポレオンを描いた漫画です。もっと評価されて良いと思うのですが…とちょっと紹介。

虹色のトロツキー

f:id:lmacs510:20160519065911j:plain

f:id:lmacs510:20160518233724p:plain

この表紙は川島芳子ですね。

こないだ、Twitter上で、他の人は似てるのに、辻政信だけは、似てないを通り越して別人になってると書きましたが、そういや川島芳子も別人でした。

 

漫画だけで無く、映画も見てみましょう。

 導火線 FLASHPOINT

f:id:lmacs510:20160519065923j:plain

f:id:lmacs510:20160518235050p:plain

今や宇宙最強と言われるドニーさんです。本作では、いつも安定の暴力刑事役です。相変わらずのアクションのキレで、これで当時40歳オーバーとは信じられません。

エスケープ・フロム・L.A.

f:id:lmacs510:20160519065936j:plain

f:id:lmacs510:20160518235225p:plain

カート・ラッセル…というよりニューヨーク1997と本作では、スネーク・プリスケンと言ったほうがよいでしょうか。
試写会の際、津波のシーンで映画評論家がブチ切れたとか聞きましたが、事実なのか都市伝説のたぐいなのかは不明です。そういえば、スティーブ・ブシェミ河相我聞が、実は赤の他人だとかいう都市伝説もありましたね*3

動画も見れる

この、caca-utilsですが、なんと動画も見れます。
やってみようと思われた好事家の方は以下の手順で。

まずmplayerをインストールします。

sudo apt-get install mplayer

で、以下のコマンドで動画再生します。

mplayer -vo caca
※ voオプションはビデオ出力先のドライバ指定です。

ただし、こちらについては、SSHとかリモート環境で試すことはおすすめしません*4
お暇な方は、ローカル環境でおためしください。

 

 

*1:Xming X Server for Windows

*2:当たり前ですが、業務で利用するサーバには入れてません。

*3:赤の他人です。

*4:コントロール不能になるかも