Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【太平洋戦争】戦時下の南洋群島【マーシャル・トラック・パラオ・サイパン】

ここしばらく、大日本帝国統治下の南洋群島南洋諸島)について記事を書いてきました。

【大日本帝国】委任統治区域 南洋群島【植民地】 - Man On a Mission

【大日本帝国】南洋群島の統治【委任統治区域】 - Man On a Mission

【大日本帝国】南洋群島の司法と教育【委任統治区域】 - Man On a Mission

【大日本帝国】南洋群島の産業【委任統治区域】 - Man On a Mission

今回は、これら一連の記事のひとまずの締めとして、太平洋戦争下の南洋群島について書きます。

絶対国防圏とアメリカの反攻

まずは、簡単ながら南洋群島が「戦場」となるまでの経緯および背景について。

ガダルカナルの戦い以降、守勢に転じた日本は、アメリカの攻勢により太平洋の拠点を次々と失うこととなりました。
この状況を受けて、日本は昭和18年(1943年)9月30日の御前会議にて「今後取るべき戦争指導の大綱」の中で「絶対国防圏」を定めます。
「絶対国防圏」は、北は千島から南はニューギニアを通り、ジャワ、スマトラを経てビルマに至る最終防衛ラインを示したものでした。しかしながら、この最終防衛ラインには防衛力の裏付けはなく、そのためこのラインの外側にある「実際の最前線」であったソロモン諸島で持久し、その間に後方要地の防備を固めることが「中部太平洋方面作戦陸海軍中央協定」で決定されます。
(海軍はそれまでミクロネシア島嶼の防備を怠っており、いきなり防衛ラインを下げろと言われても無理というのが実情だったのです。)

一方のアメリカでは、ソロモン、ニューギニアを島伝いに進むマッカーサー・ルートと、直接中部太平洋島嶼へ進攻し島伝いに進むニミッツ・ルートという2本の作戦線による反攻が計画されました。
戦略上の原則では、攻勢軸をむやみに分割せず強力な一軸にまとめるのが常道であり、アメリカがかって策定した戦争計画、オレンジ・プランやレインボー・プランでもこの原則のもとに立案されています。
それにも関わらず、2本の作戦線が採られることとなったのは、一つにはそれまでのソロモンや東部ニューギニアの戦いを通して、アメリカが日本の生産能力・兵站能力の限界を見ぬいており、二軸攻勢でも継戦可能と判断したことがあります。また、2本の作戦線により日本軍を惑わせるという意図もありました。
理由としてもう一つ挙げられるのは、もともとキング海軍作戦部長はニミッツ・ルートによる反攻を考えていたところが、当時国内世論に人気のあったマッカーサーニューギニア北岸に沿って西進するプランを主張してきたことです。
これは多分に政治的な理由で、マッカーサー人気に便乗したい一部政治家や陸軍上層部からの支持を受けているマッカーサーの意見を退けることは難しく、統合計画委員会による妥協案として両ルートによる攻勢が決定されました。

南洋群島の戦火

昭和18年(1943年)11月、ニミッツ・ルートの米軍はギルバート諸島(ここは大日本帝国委任統治領たる「南洋群島」ではありません*1。)への攻撃を開始、タラワ、マキンへと上陸(日本軍守備隊は玉砕)しました。
以降、南洋群島の各島嶼で戦いの火の手が上がることとなります。

マーシャル諸島の場合

ギルバートを攻略した米軍は次いで昭和19年1月末に南洋群島マーシャル諸島に侵攻。マーシャル諸島には第二四航空戦隊を基幹とした日本海軍基地航空部隊もいましたが、奇襲により壊滅します。2月6日には、マーシャル諸島の各島嶼は米軍に占領されました。
なお、日本海軍はマーシャルを「航空要塞」と呼んでいましたが、その割に島々の防備は怠っており、米軍の水陸両用作戦に抗することができず比較的簡単に占領されることとなりました。ギルバート諸島のタラワでは日本海軍陸戦隊が陣地により強固に抵抗し、米海兵隊に多大な出血を強いたのとは対照的です。
(とはいえ、土地面積の小さなマーシャル諸島では、陣地化しても防御効果は限定的だとの指摘もあります。)
ちなみに、マーシャル諸島のクェゼリンでは、海軍の第6根拠地隊司令部が置かれており、海軍を中心に5000名ほどの守備隊がいましたが、そのうちの8割が戦死しました。

トラック島の場合

マーシャルの失陥は、日本海軍の前進根拠地であるトラック島の命運をも決することとなります。
昭和19年2月17日から18日にかけて、米第58機動部隊の延べ1250機にのぼる艦上機の空襲が行われ、トラック基地は壊滅的打撃を蒙りました。
なお、トラック島では、2月6日以前から米軍偵察機が飛来しており、これを空襲の前兆とみて連合艦隊主力は空襲直前の2月10日にトラック泊地を去ってパラオに退避しており難を逃れています。
しかし、「香取」や「那珂(なか)」などの残存艦艇、停泊中のタンカーや輸送船などの各種船舶、航空機、基地設備や燃油タンク、集積物資の被害は甚大であり、トラックの軍事拠点としての機能は喪失されました。

パラオの場合

トラックの無力化により、連合艦隊司令長官の古賀峯一(こが みねいち)大将は、パラオを根拠地に最後の決戦を挑む目算でいました。しかしながら、昭和19年3月30日には、パラオも米空母部隊の攻撃にさらされ、連合艦隊パラオからの後退を余儀なくされます。
ちなみに、パラオからの退避中、古賀長官を含む連合艦隊司令部が遭難、古賀長官は殉職し、また「Z作戦指導腹案」を米軍に奪われています(海軍乙事件)。

パラオでは、後の昭和19年9月15日にペリリュー島アンガウル島に米軍が上陸、日本陸軍第十四師団(関東軍から抽出)を中心とする守備隊と激戦を繰り広げることとなりました。
米軍がペリリュー攻略を決定した理由としては、マッカーサー・ルートにおいてパラオが側面からの脅威になると判断したためです。実際には、パラオは米機動部隊の空襲によりすでに脅威とならない状態にあり、ハルゼーから攻略中止が具申されたりもしたのですが、ニミッツパラオの飛行場と泊地はフィリピンのレイテ上陸支援に使えるとして、予定通り上陸作戦を指示しました。
ペリリュー攻略についてハルゼーはタラワの二の舞いとなって多大な損害を出すことを懸念していたようですが、他の米軍上層部は概ね楽観的な見方をしていました。攻略部隊である第1海兵師団の師団長ルパータス少将は「3日で片付く」などと公言していたようです。
マーシャル諸島をやすやすと占領し、また激戦となったタラワでも3日で攻略したことからくる自信であったのでしょうが、米軍上層部は、これが過信に過ぎなかったことを多大な損害をもって思い知らされることになりました。

ペリリュー攻略において、米軍は最初に第1海兵師団を、次いで陸軍第81歩兵師団を投入することとなります。約4万2000名の兵力をつぎ込んだわけですが、熾烈を極めた戦闘は74日間に及び、戦死1618名、戦傷6832名の計8450名の損害を出しました。
ちなみに、日本軍の損害は戦死1万22名、戦傷446名の計1万468名です。「玉砕」だの「生キテ虜囚ノ辱シメヲ受ケズ」だのという「文化」を持つ日本軍だけあって、米軍の損害内訳と比べると異様さが際立ちますね…。

サイパンの場合

昭和19年6月15日、米軍はサイパン島への上陸を開始します。
上陸に先立つ6月11日には、米第5艦隊による猛烈な準備砲爆撃が行われており、「南洋の東京」と呼ばれたガラパン島は既に灰燼と化しています。砲爆撃は3日と半日に及びましたが、日本軍守備隊は陣地築城が極めて不十分*2であったにも関わらず残存して、敢闘しています。
(ちなみに莫大な火力投射を行っても、かならず残存部隊がいることは、既に第一次大戦で判明していました。)

日本軍守備隊は、水際で米上陸部隊に損害を与え混乱させますが、上陸を阻止することはできず、逆に米軍の優勢な火力により逐次圧迫されることとなります。
事前の砲爆撃で日本軍の通信網は寸断されており、また、サイパン守備隊の陣地は海岸付近の一線にしかなく、劣勢にあっても後退できる収容陣地や予備陣地は無かったため、各部隊は統一が取れないまま各個に攻撃を行うこととなりました。
日本軍の白兵突撃はほとんど米軍火力に阻止され甚大な損害を出しましたが、一時的ながら米軍の進出を遅らせることに成功します。
その後も日本軍守備隊は、16日に夜襲に失敗したり、大本営からの無茶な命令に対して無理と返電して関係が悪化したりしつつも、後退して激しく抵抗を続けました。
しかし、6月19日にはマリアナ沖海戦で日本側が惨敗、これによりサイパンの救援は不可能となり、6月25日にはサイパン放棄が決定されます。
7月7日、日本軍守備隊は最期の突撃を敢行して玉砕、サイパンが陥落することとなります。

最後に

さて、太平洋戦争では現地住民が戦闘に巻き込まれて犠牲となることも多かったのですが、そういった面から比較すると、ペリリュー島サイパン島が対照的なものとなっています。

ペリリュー島では、住民をパラオ本島へ疎開させており、民間人が存在しないことは防衛戦闘のうえで大きなメリットともなっています。
パラオからさらに別の場所へ疎開させるつもりだったようですが、船が手配できずパラオ本島にとどまることとなったそうです。)

これに対し、サイパン島では多くの民間人が戦闘に巻き込まれ犠牲となりました。一応、サイパン在住の日本人の引き揚げも行われていたようですが、この内地へ帰還する船団に対しても米潜水艦が攻撃を行ったため、これに怯えた在留邦人が引き揚げを渋り、戦闘が始まった時点でも2万人の民間人が残存していました。
追い詰められて進退窮まった民間人たちの多くが最北端のマッピ岬から身を投げ、その数は8000とも1万2000ともいわれています。マッピ岬はその後「バンザイクリフ」「スーサイドクリフ」と呼ばれることとなりました。
(余談ですが、中部太平洋方面艦隊の南雲忠一司令長官、齋藤第43師団長、井桁第31軍参謀長らが自決したのは司令部壕なのですが、現在のサイパンでは観光用?に脚色されて、マッピ岬の陣地で自決したように宣伝されてるようです。)

ちなみに、サイパン陥落を受けて太平洋戦争開戦からずっと実権を握ってきた東條内閣が、7月18日に総辞職に追い込まれました。後任首相には小磯國昭予備役陸軍大将が就任、日本は(ようやく)終戦に向けて舵を切り始めることとなります。

 

 

*1:開戦前はイギリスの植民地。開戦後に日本に占領されています。

*2:日本は、米軍がトラック次いでパラオを攻略するものと考えており、これらを放置していきなりサイパンへ上陸することはないと考えていました。このため、パラオ方面に築城資材を取られたり、飛行場整備に労力を取られたりして満足に陣地構築を行えませんでした。