Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【海軍階級】大日本帝国海軍 階級一覧表【1942年10月以前と11月以降】

以前、日本海軍の階級についての記事を書きました。

oplern.hatenablog.com

上記記事では、わかりやすくするために1942年(昭和17年)11月1日以降の兵科のみ取り上げています。
海軍の階級制度は割とややこしいので、一度にあれこれ説明するとわけが分からなくなるんじゃないかという懸念ゆえの措置でした。

その後、特務士官海軍の各科将校と将校相当官と、海軍階級に関する事柄について説明してきましたので、今回は、兵科だけでなく軍医科や主計科などの各科を含む海軍階級一覧表を掲載します。
海軍の階級は結構改正が多くて、時間の都合上、全部追っかけることはできませんので、代表例として1942年(昭和17年)4月1日〜10月31日までのものと、1942年(昭和17年)11月1日改正したもの、二つのみとなります。あしからずご了承ください。

1942年(昭和17年)4月1日〜10月31日 海軍官階・兵職階

では、最初に1942年(昭和17年)4月1日〜10月31日のもの。
士官の官階と、特務士官・准士官下士官・兵の官階・兵職階の二つに分けて掲載します。
なお、一覧表では省略してますが、正式には、各階級名称の頭に「海軍」がつきます。例えば、兵科の大将なら「海軍大将」、軍医少佐なら「海軍軍医少佐」といった具合です。

1942年(昭和17年)4月1日〜10月31日 士官の官階
将校 将校相当官
兵科 機関科 軍医科 薬剤科 主計科 造船科 造機科 造兵科 水路科 歯科医科 法務科
大将                  
中将 軍医中将   主計中将 造船中将 造機中将 造兵中将     法務中将
少将 軍医少将 薬剤少将 主計少将 造船少将 造機少将 造兵少将   歯科医少将 法務少将
大佐 機関大佐 医大 薬剤大佐 主計大佐 造船大佐 造機大佐 造兵大佐 水路大佐 歯科医大 法務大佐
中佐 機関中佐 軍医中佐 薬剤中佐 主計中佐 造船中佐 造機中佐 造兵中佐 水路中佐 歯科医中佐 法務中佐
少佐 機関少佐 軍医少佐 薬剤少佐 主計少佐 造船少佐 造機少佐 造兵少佐 水路少佐 歯科医少佐 法務少佐
大尉 機関大尉 医大 薬剤大尉 主計大尉 造船大尉 造機大尉 造兵大尉 水路大尉 歯科医大 法務大尉
中尉 機関中尉 軍医中尉 薬剤中尉 主計中尉 造船中尉 造機中尉 造兵中尉 水路中尉 歯科医中尉 法務中尉
少尉 機関少尉 軍医少尉 薬剤少尉 主計少尉 造船少尉 造機少尉 造兵少尉 水路少尉 歯科医少尉 法務少尉
1942年(昭和17年)4月1日〜10月31日 特務士官・准士官下士官・兵の官階・兵職階
特務士官・准士官下士官・兵
  兵科 飛行科 整備科 機関科 工作科 軍楽科 看護科 主計科
特務士官 特務大尉 飛行特務大尉 整備特務大尉 機関特務大尉 工作特務大尉 軍楽特務大尉 看護特務大尉 主計特務大尉
特務中尉 飛行特務中尉 整備特務中尉 機関特務中尉 工作特務中尉 軍楽特務中尉 看護特務中尉 主計特務中尉
特務少尉 飛行特務少尉 整備特務少尉 機関特務少尉 工作特務少尉 軍楽特務少尉 看護特務少尉 主計特務少尉
准士官 曹長 飛行兵曹長 整備兵曹長 機関兵曹長 工作兵曹長 軍楽兵曹長 看護兵曹長 主計兵曹長
下士官 一等兵 一等飛行兵曹 一等整備兵曹 一等機関兵曹 一等工作兵曹 一等軍楽兵曹 一等看護兵曹 一等主計兵曹
二等兵 二等飛行兵曹 二等整備兵曹 二等機関兵曹 二等工作兵曹 二等軍楽兵曹 二等看護兵曹 二等主計兵曹
三等兵層 三等飛行兵層 三等整備兵層 三等機関兵層 三等工作兵層 三等軍楽兵層 三等看護兵層 三等主計兵層
一等水兵 一等飛行兵 一等整備兵 一等機関兵 一等工作兵 一等軍楽兵 一等看護兵 一等主計兵
ニ等水兵 ニ等飛行兵 ニ等整備兵 ニ等機関兵 ニ等工作兵 ニ等軍楽兵 ニ等看護兵 ニ等主計兵
三等水兵 三等飛行兵 三等整備兵 三等機関兵 三等工作兵 三等軍楽兵 三等看護兵 三等主計兵
四等水兵 四等飛行兵 四等整備兵 四等機関兵 四等工作兵 四等軍楽兵 四等看護兵 四等主計兵

1942年(昭和17年)11月1日改正 海軍官階・兵職階

次は、1942年(昭和17年)11月1日に改正されたものです。
この時の改正は結構大きなもので、機関科・飛行科・整備科・工作科が兵科に統合され、造船科・造兵科・造機科・水路科が技術科にまとめられてます。他にも階級名称が一部変更されたり、看護科・軍楽科の特務士官の昇進先として看護少佐、軍楽少佐が設けられたりも。

1942年(昭和17年)11月1日改正 士官の官階
将校 将校相当官
兵科 軍医科 薬剤科 主計科 技術科 歯科医科 法務科 軍楽科 看護科
大将                
中将 軍医中将   主計中将 技術中将   法務中将    
少将 軍医少将 薬剤少将 主計少将 技術少将 歯科医少将 法務少将    
大佐 医大 薬剤大佐 主計大佐 技術大佐 歯科医大 法務大佐    
中佐 軍医中佐 薬剤中佐 主計中佐 技術中佐 歯科医中佐 法務中佐    
少佐 軍医少佐 薬剤少佐 主計少佐 技術少佐 歯科医少佐 法務少佐 軍楽少佐 看護少佐
大尉 医大 薬剤大尉 主計大尉 技術大尉 歯科医大 法務大尉    
中尉 軍医中尉 薬剤中尉 主計中尉 技術中尉 歯科医中尉 法務中尉    
少尉 軍医少尉 薬剤少尉 主計少尉 技術少尉 歯科医少尉 法務少尉    
1942年(昭和17年)11月1日改正 特務士官・准士官下士官・兵の官階・兵職階
特務士官・准士官下士官・兵
  兵科 軍楽科 看護科 主計科 技術科
特務士官 大尉 軍楽大尉 衛生大尉 主計大尉 技術大尉
中尉 軍楽中尉 衛生中尉 主計中尉 技術中尉
少尉 軍楽少尉 衛生少尉 主計少尉 技術少尉
准士官 曹長 飛行兵曹長 整備兵曹長 機関兵曹長 工作兵曹長 軍楽兵曹長 衛生兵曹長 主計兵曹長 技術兵曹長
下士官 上等兵 上等飛行兵曹 上等整備兵曹 上等機関兵曹 上等工作兵曹 上等軍楽兵曹 上等衛生兵曹 上等主計兵曹 上等技術兵曹
一等兵 一等飛行兵曹 一等整備兵曹 一等機関兵曹 一等工作兵曹 一等軍楽兵曹 一等衛生兵曹 一等主計兵曹 一等技術兵曹
二等兵 二等飛行兵曹 二等整備兵曹 二等機関兵曹 二等工作兵曹 二等軍楽兵曹 二等衛生兵曹 二等主計兵曹 二等技術兵曹
兵長 飛行兵長 整備兵長 機関兵長 工作兵長 軍楽兵長 衛生兵長 主計兵長 技術兵長
上等水兵 上等飛行兵 上等整備兵 上等機関兵 上等工作兵 上等軍楽兵 上等衛生兵 上等主計兵 上等技術兵
一等水兵 一等飛行兵 一等整備兵 一等機関兵 一等工作兵 一等軍楽兵 一等衛生兵 一等主計兵 一等技術兵
ニ等水兵 ニ等飛行兵 ニ等整備兵 ニ等機関兵 ニ等工作兵 ニ等軍楽兵 ニ等衛生兵 ニ等主計兵 ニ等技術兵

最後に

海軍、めんどくさい。
さておき、これで海軍の階級について基本的なところをカバー出来たかと思います(たぶん)。
とはいえ、色々とっ散らかっている感が否めないので、もしかしたら最後に海軍階級まとめ記事なんかを書くかもしれません。

主な参考資料

本記事を書くにあたり、以下の書籍を主な参考資料にさせて頂きました。

図説日本海軍入門