Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【大日本帝国】日本陸軍 歴代元帥一覧【元帥陸軍大将】

本日は小ネタ。
先日、大日本帝国における「元帥」について書きました。

oplern.hatenablog.com

日本軍の元帥は、アメリカやソ連/ロシアなどと違って、階級ではなく称号です。特旨(とくし)によって元帥府に列せられた陸海軍の大将が「元帥」となります。よって、正確には「元帥陸軍大将」または「元帥海軍大将」となります。

詳細については上記記事を見ていただくとして、今回はその補足記事、日本陸軍の元帥についての一覧表です。
氏名、親補年月日、死亡年月日を載せてますが、昔の人は氏名の読みが難しいので、ふりがなも設けておきました。
(ただし、氏名については別の読み方がある元帥もいますので、ご注意を。)

大日本帝国 元帥陸軍大将 一覧

以下、日本陸軍の歴代「元帥陸軍大将」です。

氏名 ふりがな 親補年月日 死亡年月日
小松宮彰仁親王 こまつのみやあきひとしんのう 明治31.1.20 明治36.2.18
山県 有朋 やまがた ありとも 明治31.1.20 大正11.2.1
大山 巌 おおやま いわお 明治31.1.20 大正5.12.10
野津 道貫 のづ みちつら 明治39.1.31 明治40.9.18
奥 保鞏 おく やすかた 明治44.10.24 昭和5.7.17
長谷川 好道 はせがわ よしみち 大正3.1.6 大正13.1.28
伏見宮貞愛親王 ふしみのみやさだなるしんのう 大正3.1.9 大正12.2.4
川村 景明 かわむら かげあき 大正3.1.9 大正15.4.28
寺内 正毅 てらうち まさたけ 大正5.6.24 大正7.11.3
閑院宮載仁親王 かんいんのみやことひとしんのう 大正8.12.12 昭和20.5.20
上原 勇作 うえはら ゆうさく 大正10.4.27 昭和8.11.8
久邇宮邦彦王 くにのみやくによしおう 昭和4.1.27 同日没
梨本宮守正王 なしもとのみやもりまさおう 昭和7.8.8 昭和26.1.1
武藤 信義 むとう のぶよし 昭和8.5.3 昭和8.7.28
寺内 寿一 てらうち ひさいち 昭和18.6.21 昭和21.6.12
杉山 元 すぎやま はじめ 昭和18.6.21 昭和20.9.12
畑 俊六 はた しゅんろく 昭和19.6.2 昭和37.5.10

総勢、17名。
なお、西郷隆盛が「陸軍元帥」だったりしたのですが、こちらは一覧に入ってません。というのも、前回書いた通り、この「陸軍元帥」は今回取り上げてる元帥制度とは別ものだからです。
1872年(明治5年)の官制改正で大将が二等官、元帥が一等官と定められた際に元帥となったものなのですが、翌1873年には大将が一等官と改められ、これに伴い西郷隆盛は陸軍大将第一号となっています。

親子で元帥

日本軍には、親子そろって元帥になってる連中がいます。
昭和18.6.21に元帥となった寺内寿一は、大正5.6.24に元帥となった寺内正毅の長男です。
寺内正毅は、陸軍大臣、韓国統監、初代朝鮮総督を歴任、元帥となった後、さらに首相になりました。
寺内は韓国統監時代、韓国併合を強行、さらに憲兵に警察を兼務させる憲兵警察を敷き、武断政治を行います。

息子の寺内寿一は、朝鮮軍参謀長、台湾軍司令官などを経て、陸軍大臣になりました。とはいえ、実権は武藤章(むとう あきら)軍務課長など若手将校が握り、ロボット大臣と呼ばれたとか。
太平洋戦争では、南方軍総司令官をつとめ、在任中に元帥となりました。
なお、敗戦後もそのまま帰ることなく、昭和21年(1946年)マレー半島ジョホール州レンガムにて急逝しています。

他には、元帥陸軍大将たる伏見宮貞愛親王と、その子、元帥海軍大将である伏見宮博恭王(ふしみのみやひろやすおう)なんかも親子で元帥だったのですが、こちらは皇族ですので、その点を考えると特筆するほどのものでも無いかもしれません。

主な参考資料

本記事を書くにあたり、以下の書籍を主な参考資料にさせて頂きました。

戦時用語の基礎知識

日本陸軍がよくわかる事典