Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【日本軍】日本陸軍の給料 おまけ【加俸・手当】

しばらく前より、日本陸軍の各階級給料についての記事を書いています。

【日本軍】陸軍将校 階級別の給料一覧【俸給】 - Man On a Mission

【日本軍】陸軍下士官 階級別給料一覧【曹長・軍曹・伍長】 - Man On a Mission

【日本軍】陸軍准士官の給料【特務曹長の俸給】 - Man On a Mission

【日本軍】陸軍兵士の給料一覧【上等兵・一等兵・二等兵】 - Man On a Mission

将校から始めて、前回でようやく兵士の給料までたどり着きました。一応はこれで一段落といったところですが、実の所、今までの記事で掲載した給料は「基本給」とでもいうべきもので、各種加俸や手当なんかは含まれてません。
とはいえ、これら加俸や手当を網羅的に追ったりするとどうにも収拾がつかなくなりそうだったので、一部を除いて上記記事では触れませんでした。
ただ、その辺の言及がほとんど無しというのもなんなので、一応、申し訳程度にいくつか紹介しておきます。
なお、以下に挙げたのは全て1934年(昭和9年)時点のものです。

在勤加俸

まずは、勤務地によって加えられることがある在勤加俸です。
今までの記事でも述べた通り、北海道なんかで付きます。

北海道在勤加俸

陸軍給与令第7条には、「北海道在勤ノ准士官以上、営外居住下士官以下及軍属ニハ在勤加俸ヲ給ス」とあり、第5表にてその額が示されていました。
なお、軍属も対象とされていますが、これは文官の奏任待遇者及び判任待遇者に限るとされています。
以下、各区分ごとの金額(月額)を。

中将:33円50銭
少将:22円30銭

大佐:18円
中佐:15円70銭
少佐:13円40銭

大尉:8円70銭
中尉:7円70銭
少尉:7円

准士官:6円50銭

曹長:4円
軍曹:3円
伍長:2円50銭

下士官勤務諸兵・上等兵:2円

朝鮮満洲駐箚部隊の在勤加俸

朝鮮や中国での勤務でも在勤加俸が付きます。以下は、朝鮮・満洲駐箚(ちゅうさつ)部隊の在勤加俸。
(朝鮮満洲駐箚陸軍部隊給与令に定められてます。なお、下士官の加俸についてはいずれも営内居住者のものです。)

将校:俸給月額の40%

准士官:俸給月額の50%

曹長(一等):9円90銭
曹長(二等):8円55銭
曹長(三等):7円50銭

軍曹(一等):6円45銭
軍曹(二等):5円40銭
軍曹(三等):4円50銭
軍曹(四等):3円90銭

伍長(一等):2円85銭
伍長(二等):2円34銭

伍長勤務上等兵:1円38銭
上等兵:1円20銭
一等兵二等兵:99銭

ちなみに、アジア歴史資料センターで第十九師団の陸軍軍人軍属俸給其他一覧表を見ることができ、これは軍人軍属の給料がまとまってて便利なのですが(何に?)、上記の在勤加俸が入っているので注意が必要です。

www.jacar.archives.go.jp

技術加俸

技術加俸は、上等諸工長、楽長補、楽手、楽手補、それから営外居住の一〜三等諸工長に加えられる加俸です(月額)。
楽長補だの諸工長だの、あまり聞き慣れない区分だと思いますが、これらは経理部やら軍楽部やらといった、各部における階級です。
上等諸工長・楽長補は准士官、楽手・一〜三等諸工長は下士官、楽手補は上等兵に相当し、例えば経理部ならば上等縫工長とか、一等靴工長といった名称でした。
(後には、兵科に合わせて、主計准尉とか軍楽曹長といった名称になります。)

一等:6円
二等:5円
三等:4円
四等:3円

下士官退営賜金

陸軍給与令第17条の2によるもので、5年以上、営内に居住した下士官が、下記に該当した場合にもらえるのが下士官退営賜金です。

  • 准士官になった
  • 役満期もしくは現役免除
  • 免官または死亡
  • 営外居住の職務に移る

12年:500円(北海道:660円)
11年:420円(北海道:560円)
10年:360円(北海道:480円)
9年:300円(北海道:400円)
8年:240円(北海道:320円)
7年:180円(北海道:240円)
6年:120円(北海道:160円)
5年:60円(北海道:80円)

下士官の初任手当

陸軍給与令第17条の4によるもので、初めて現役下士官となったものに初任手当として20円が支給されます。
(ただし、幹部候補生および操縦候補生が下士官となる場合は対象外です。)

最後に

さて、加俸や手当をいくつか取り上げてみました。他にも、勤功褒賞金とか、死亡賜金、服装手当及被服手当、埋葬料なんてのがあります。
冒頭で述べた通り、当ブログでは(少なくとも当面は)網羅的に取り上げたりする予定はないので、興味と時間がある方はアジ歴で陸軍給与令やら部隊給与令を漁ってみて下さい(なげやり)。