Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【日本軍の給料】日本陸軍 軍楽部の給料【番外編】

前回、一段落などと言っておきながら、今回もしつこく日本陸軍の給料について。今回は番外編です。
前回記事では、加俸やら手当やらについていくつか取り上げました。

oplern.hatenablog.com

技術加俸についても少し触れています。そのくだりでは楽長補だの楽手だのという言葉が出てきましたが、これは軍楽部における階級名です。
今回は、この陸軍軍楽部の階級ごとの給料について取り上げます。

軍楽部と階級一覧

さて、日本陸軍では、武官と兵を兵科および各部に分け、それぞれの専門部隊が旅団以下の部隊を形成していました。
兵科や各部については、以前記事を書いてますので、そちらを参照ください。

oplern.hatenablog.com

陸軍では、兵科/各部のうち、兵科の将官・佐官・尉官を「将校」、各部の将校に相当する階級を「将校相当官」と呼んでいました。

oplern.hatenablog.com

軍楽部の将校相当官は、少尉から大尉相当までとなります。軍楽部の階級一覧は下記の通り。

一等楽長(大尉相当)
二等楽長(中尉相当)
三等楽長(少尉相当)

楽長補(准士官

一等楽手(曹長に相当)
二等楽手(軍曹に相当)
三等楽手(伍長に相当)

楽手補(上等兵に相当)

ちなみに、軍楽部の将校相当官である楽長は、准士官たる楽長補の進級ルートとして取り扱われます。つまり、音楽学校卒業生をいきなり三等楽長として採用するなんてことはありませんでした。
また、1936年(昭和11年)、将校相当官という呼称は廃止され、兵科も各部も軒並み将校と呼ばれるようになると、楽長から軍楽大尉だの軍楽中尉だのといった名称に変わります。さらに上の階級である軍楽少佐も設けられました。
准士官以下も、軍楽准尉、軍楽曹長、軍楽上等兵なんて具合になっています。

軍楽隊とは

ついでに軍楽隊についても簡単に説明しておきます。

軍隊のために設けられた楽隊が軍楽隊です。
日本軍では、1931年(昭和6年)以後、もっぱら吹奏楽のみ演奏したので、軍楽隊=吹奏楽隊というイメージがもたれるようになりました。
大正時代までは、陸軍戸山学校軍楽隊のほか、関東軍・朝鮮駐箚軍・近衛師団・第三師団・第四師団に軍楽隊があったのですが、軍縮により戸山学校以外は廃止となります。
(第四師団軍楽隊は大阪市民からの存続を望む声が強く、市の助成を得て大阪市音楽隊となりました。)
1937年(昭和12年)、陸軍戸山学校軍楽隊は、陸軍軍楽隊と呼称することになり、日中戦争以後、戦地の総軍・方面軍・軍に軍楽隊が16隊、内地の第二総軍にも設けられました。

終戦時の戸山学校陸軍軍楽隊は212人、解隊に当たり、81人をもって皇宮衛士隊の皇宮奏楽隊を編成しますが、1946年(昭和21年)に廃止となります。
その後、NHKの日本放送吹奏楽団となりますが、これも7月には廃止となり、希望者は東京放送管弦楽団に入ったそうです。
ちなみに、終戦時皇宮奏楽隊に入らなかった技術優秀者は、民間の楽団から引く手あまただったとか。

軍楽部 階級ごと給料一覧

ようやく、本題。
下記が、1934年(昭和9年)時点の軍楽部の階級ごと給料一覧です。

将校相当官(年額)

一等楽長(一等):2150円
一等楽長(二等):1900円
一等楽長(三等):1750円

二等楽長(一等):1540円
二等楽長(二等):1390円

三等楽長(一等):1240円
三等楽長(二等):1130円

准士官(年額)

楽長補(一等):960円
楽長補(二等):900円

下士官(月額)

一等楽手(一等):39円
一等楽手(二等):34円50銭
一等楽手(三等):30円

二等楽手(一等):32円50銭
二等楽手(二等):18円
二等楽手(三等):15円
二等楽手(四等):13円50銭

三等楽手(一等):10円50銭
三等楽手(二等):9円

兵(月額)

楽手補:6円40銭

技術加俸

兵科の尉官相当である楽長は、兵科尉官よりも多めに給料をもらっています。
対して、准士官以下は兵科と同額です。しかし、前回記事でも触れた通り、軍楽部の准士官以下には技術加俸が支給されました(月額)。
重複になりますが、技術加俸を再掲しておきます。

一等:6円
二等:5円
三等:4円
四等:3円