Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【世界のマイナー戦争犯罪】香港戦における英軍捕虜処分【日本軍】

前回、太平洋戦争時の戦争犯罪、バンカ島事件について取り上げました。

oplern.hatenablog.com

前回触れた通り、当該事件は最近、BBCニュースで取り上げられ話題となりました。

www.bbc.com

BBCニュースの記事だと、バンカ島事件自体についてはわりとあっさりした記述になってますので、当ブログ記事はその補足としてでもお読みいただければと思います。

さて、今回はそのバンカ島事件の責任者と推定される折田優大隊長に絡んだ記事です。
バンカ島事件は、日本陸軍第三十八師団歩兵第二百二十九連隊の折田部隊(バンカ島攻略部隊)によるものと思われますが、田中利幸氏によれば、折田は香港攻略戦における英陸軍野戦病院スタッフ・患者殺害、および看護婦を強姦した事件の責任者でもあるらしい、とのことです。

そこで、今回は上記事件を含めて、香港戦における英軍捕虜処分について取り上げます。
ちなみに、当該事件はかなりマイナーな部類に入ると言ってよいかと思いますので、当ブログが勢いで始めた不定期連載、「世界のマイナー戦争犯罪*1」シリーズの一つとしてお送りいたします。

同シリーズは、日本軍による南京事件ナチスドイツのユダヤ人虐殺といった有名どころの戦争犯罪は脇に置いといて、あまり知られていない戦争犯罪を取り上げてみようという企画なのですが、今回でなんと9回目となります。
前回までは新たに記事を書くたびシリーズ各記事へのリンクを貼ってたのですが、さすがに増えすぎたので遂にカテゴリをつくりました。

oplern.hatenablog.com

ついでに当該シリーズ以外の戦争犯罪の記事も、さほど有名なものはないのでとりあえず同じカテゴリに突っ込んでいます。
私の趣味範囲から日本軍による戦争犯罪の記事が多いのですが、一応、日本以外による戦争犯罪も取り上げてます。今後も拡充するつもり。暇なときにでもお目通しいただけると嬉しいです。

閑話休題
それでは、次節より本題の英軍捕虜処分事件について。

香港戦での英軍捕虜処分

太平洋戦争では、1941年12月18日より日本軍が香港島に上陸、25日にはイギリス軍が降伏していますが、その際の戦闘にて、日本軍は英軍投降兵らに対する殺害事件をいくつか起こしています。

まず、上陸直後の18日午後9時ごろ、柴湾山砲台が陥落した際の殺害。
砲台陥落後、約25名の英軍砲手は弾薬庫につれこまれました。2時間後、外に出るように命じられて各人が外に出てくるのですが、日本兵はこれを銃剣で刺殺しています。

次は、英陸軍軍医部スタッフおよび民間人医師が殺害された事件。
19日朝、鯉魚門の向かい側にあったシレジアン・ミッションの仮救急病院と、中央診療所が日本軍に占領されます。
そこには、約12名の英陸軍軍医部スタッフと約30名の民間人がいました。1時間後、民間人の医師2名と軍医部スタッフは、ミッション後方にある小さな排水溝に連行され、背後から刺殺されています。

最後に、先述した折田が責任者であるらしい事件。
12月25日夜、香港島南部のスタンレー半島(赤柱半島)の聖ステファン中学(聖士堤反書院)にあった英陸軍野戦病院が日本軍に占領されます。
そこには、英陸軍軍医部のスタッフと7名の看護婦がおり、また、約170名の負傷兵がいました。占領に際し、日本兵は約60名の患者と25名のスタッフを銃剣と射撃により殺害しています。
日没後、3名の看護婦が殺害され、2名は輪姦されたということです。

ちなみに、12月25日16時に英軍は戦闘中止を命じており、英ヤング総督は18時20分ごろに日本軍鈴川部隊(独立工兵第二十連隊基幹)本部へ出頭、無条件降伏の意志を伝えていました。
なお、スタンレー半島方面への戦闘中止伝達については、マルトビー少将が軍使を連絡にやると話しています。
同日19時、ヤング総督およびマルトビー少将は九龍尖端のペニンシュラホテル3階の軍戦闘司令室に来て、酒井第二十三軍司令官に無条件降伏を約しました。第二十三軍は、19時30分、即時停戦を命じ、師団もまた20時に即時対敵行動停止を命じています。

ただし、スタンレー半島方面では、18時ごろに一部の英軍が白旗を掲げ降伏したものの、英ワリス旅団長の降伏は24時と遅れています。
ベネット少佐を伴った細川参謀により、英ワリス旅団長へヤング総督の降伏の意が伝えられたのですが、ワリス旅団長は総督の筆記命令がなければ確認できない、としたためです。
これを受けてマルトビー少将の筆記命令が再度伝達され、ようやくワリス旅団長は白旗を掲げて降伏しました。

もう少し停戦が早ければ…と思う方もいるかもしれませんが、停戦後に虐殺が起こるケースも多々みられますので、それで聖ステファン中学の惨劇が防げたかどうかは分かりません。
12月29日、釈放されて外へ出た野戦病院長は、両手両足を縛られ刺殺された50体以上の死体を見た、と証言しているそうです。

主な参考資料

本記事を書くにあたり、以下の書籍を主な参考資料にさせて頂きました。

世界戦争犯罪事典

 

 

*1:実のところ、一口に「戦争犯罪」といってもその定義はあまり明確ではありません。狭義の戦争犯罪としては、ハーグ陸戦規定などの戦時国際法規に違反する民間人や捕虜への虐待・殺害・略奪、軍事的に不必要な都市破壊などが挙げられますが、一般的には、これに含まれないユーゴスラヴィアルワンダ内戦での虐殺、ナチスドイツのアウシュヴィッツなんかも戦争犯罪とされています。当ブログではあまりこだわらず、一般的イメージとしての「戦争犯罪」を扱いますのでご承知おきください。