Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれを記録していくブログです。情報処理技術者試験の話題多し。高度試験の攻略なども。最近はやや歴史づいてます…。

【黙つて働き】日本の戦時スローガン セレクション【笑つて納税】

昭和10年:九千万人 一列行進 出せ 三千年の底力
昭和17年:一億が みな砲台と なる覚悟
昭和18年:一億抜刀 米英打倒
昭和19年:一億玉砕
昭和20年:一億総懺悔 ←オチ部分
平成27年:一億総活躍社会 ←2周目開始

今日は唐突に妙な文章から始まりましたが、別段、頭がおかしくなったわけではなく(たぶん)本日記事の前フリのつもりです。
上記国難政権が一億総活躍とかわけのわからないことをでっち上げた時期に、戦前〜現代のスローガンを集めて某所に書いたものですが、こうやってみると、昭和10年から平成27年までのスローガン(じゃないもののもありますが)が違和感なく立ち並び、日本の伝統がいささかも失われていないことに感心する次第。
伝統とやらを大切にする日本では、現在、大胆な金融がどうとかいう経済政策(アレなミクス?でしたっけ?)のおかげで景気も良好だとか。アレせいけんのもといちおくにんがそうかつやくしてにほんがかがやいててすごい。
なんかエンゲル係数が上がったりしてるのは「食生活や生活スタイルの変化が含まれている」せいだし、真綿で首を絞められつつあるような今の生活感も、きっと気のせいに違いありません。ああすばらしきかな日本。
まあ、日本のすばらしさはさておき、ついでというとなんですが以下に他所様の記事へのリンクなど貼っておきます。

blog.monoshirin.com

blog.monoshirin.com

閑話休題、予想外に横道にそれてしまいましたが、本日の記事は冒頭で書いたようなスローガンを集めた本の紹介です。

黙つて働き 笑つて納税――戦時国策スローガン傑作100選

副題の「戦時国策スローガン傑作100選」が示す通り、日本の(概ね)昭和戦時下における標語・スローガンを収集・掲載した本です。以下、出版元の紹介を引用。

「欲しがりません勝つまでは」「贅沢は敵だ」「祖国のためなら馬も死ぬ」「りっぱな戦死とえがおの老母」「権利は捨てても義務はすてるな」等、凄すぎて言葉も失う超絶コピー・戦時国策スローガン100選。コメントとイラストで戦時下コピーが明らかになる。
[著者紹介・編集担当者より]
家庭内の過ごし方への指図から無茶苦茶な誇大妄想まで何でもありの戦時国策標語。禁酒禁煙節食を要求し、一方で米英本土を占領せよとみみっちいと同時に気宇壮大な無理難題。当時の国民の苦労が偲ばれる。面白しろうて、やがて悲しき戦時下コピー集。

続きを読む

【戦陣訓】生キテ虜囚ノ辱シメヲ受ケズ【日本人の捕虜観】

前回記事では、太平洋戦争における日本人捕虜第1号である、酒巻和男少尉について書きました。
酒巻少尉は、小型潜水艇の「甲標的」で真珠湾攻撃作戦に参加しますが作戦途上で人事不省に陥り捕虜となっています。

oplern.hatenablog.com

当時の日本は既に理由の如何に関わらず捕虜となることは許されない状況となっており、出撃後の酒巻少尉に不名誉な行動などはなかったにも関わらず、捕虜となったことは隠蔽されることとなります。
(海軍部内では捕虜となったことについて噂が流れており、半公然の秘密だったようです。作家の豊田穣氏は、海軍兵学校で酒巻少尉と同期であり、霞ヶ浦海軍航空隊での飛行学生時にその噂を聞いたそうで、その際、仲間の1人が「酒巻の奴、自決してくれないかなあ。クラスの名誉にかかわるからなあ。」と言ったことを著作に残しています。)

続きを読む

【酒巻和男少尉】軍神から外れた男【九軍神】

前々回にて、特殊潜航艇「甲標的」による真珠湾攻撃での「特攻」について取り上げました。

oplern.hatenablog.com

上記記事で書いたとおり、この甲標的真珠湾突入では5隻の甲標的が出撃し全て未帰還。搭乗員10名は1人を除いて戦死しています。
この「特攻」で戦死した9名は、九軍神としてプロパガンダに利用されました。しかし、ここで宙に浮いたのが唯一の生存者、酒巻和男少尉です。酒巻和男少尉は、人事不省となったところを州兵に捕まり、太平洋戦争における日本人捕虜第1号となりました。

今回記事は、この酒巻和男少尉のその後についてです。

続きを読む

【太平洋戦争】その後の甲標的【特殊潜航艇】

前回に引き続いて、今回も特殊潜航艇「甲標的」について。
前回とかぶるところもありますが、まずは甲標的の概要から。

日本海軍は、太平洋上での艦隊決戦において母艦から発進して敵艦隊を邀撃する、小型の潜水艇、「甲標的」を開発していました。
特殊潜航艇「甲標的」は豆潜の異名をもち、例えば最初の甲型では全長23.9m、排水量46tという小ささで、電気モーターで駆動しバッテリーが切れると動けなくなります。航続力は最微速(6ノット)でも80海里(150km)程度、外洋での航行能力は無いため、決戦海面への移動は甲標的母艦*1により運搬される想定となっていました。
甲標的は本来、事前に甲標的母艦から発進して予定決戦海域に潜伏し、艦隊決戦において魚雷による奇襲攻撃を行うというものです(魚雷2本を搭載)。しかしながら、実際には艦隊決戦の機会は訪れることなく、港湾襲撃などで使用されました。

*1:千歳型の「千代田」が、実際に甲標的母艦へ改造されました。ただし、実際に使用されることなく空母に再改造されてしまうのですが…。

続きを読む

【真珠湾攻撃】太平洋戦争開戦時の特攻【特殊潜航艇 甲標的】

本日の記事は、太平洋戦争開戦時に実施された「特攻」である、特殊潜航艇「甲標的」による真珠湾突入について。

本ブログではだいぶ前に、真珠湾攻撃を事前にローズヴェルトが知っていたという説について取り上げたことがあります。

oplern.hatenablog.com
(タイトルからはわかりにくいですが、陰謀論否定記事となっております。)

上記記事では、ローズヴェルト陰謀説のついでに真珠湾攻撃の概要について触れています。
その中で「特殊潜航艇(甲標的)による攻撃も実施」なんて、さらっと書いてるのですが、今回記事はそのへんについての詳細記事となっています。

続きを読む