Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

軍事

【長崎原爆の日】原子爆弾は核抑止の夢を見ない【8月9日】

前回の記事は8月6日、広島の原爆の日に上げました。 oplern.hatenablog.com そして今日は8月9日。長崎の原爆の日です。毎年8月6日、8月9日には、できるだけ原爆に関連する記事を書こうと思ってますので今回もそういう内容なわけですが、残念ながらあまり時間…

【軍事司法】軍法会議とは(まとめ)【軍事裁判所】

前回の予告通り、今回記事は今までしつこく書いてきた軍法会議(軍事裁判所)関連記事のまとめです。これで軍法会議の話が完全に終わるわけではなく、気が向けばまたしつこく書くと思いますが、一旦はこれにて締めとなります。 本記事では、過去の各記事への…

【誰もそこまで】まだまだ軍法会議OverDose【聞いてない】

当ブログでは、2019年11月から延々と軍法会議(軍事裁判所)関連の記事を書いています。当初は2、3回書いて終わるつもりだったのですが、少し深入りしてしまったようで今回で15回目です。記事数が多くなってしまったので、カテゴリーも設けました。 oplern.h…

【イギリス軍軍事司法】フィンドレイ事件【軍法会議】

以前、イギリスの軍法会議制度について取り上げたのですが、その際、こんなことを書きました。 イギリスの軍事司法制度は、第二次大戦後、大きな改革はされてなかったのですが、1990年代後半から、軍事裁判制度の独立性、公平性を確保するべく改革が重ねられ…

【軍事司法】日本軍の軍法会議:犯罪と第三百十条【不起訴事例】

前回の引きはこんな感じでした。 ちなみに、第十軍法務部陣中日誌の「被告事件既決未決一覧表」によれば、既決55件(102名)、未決7件(16名)の軍法会議があったということです。 上記一覧表の「刑名刑期」の列には、懲役○年だの、禁錮○月だのといった記述…

【またも第十軍法務部陣中日誌より】日本軍の戦地犯罪と軍法会議判決【事例】

前回、前々回と日本陸軍第十軍の法務部陣中日誌から、軍法会議関連(被告事件の受理〜判決まで)の事例を取り上げました。 第十軍では犯罪が多発したものの、それを取り締まる憲兵の絶対数が不足しており、そのため実際に逮捕されて軍法会議に回された者は極…

【再び第十軍法務部陣中日誌より】日本軍の軍法会議【事例】

今日もしつこく軍法会議のお話です。 以前、日本軍の軍法会議制度の概要について書きましたが、その際に「予審」という言葉が出てきました。 裁判部は、裁判と予審とにわかれており、前者には裁判官、後者には予審官が配されます。 裁判官、予審官となる要員…

【軍事司法】日本軍の軍法会議:被告事件受理から判決まで【事例】

まいど、今回も軍法会議についてです。 今まで9回にわたって軍法会議の記事を書いてきました。当初はちょちょいと2、3回書いて終わろうと思ってたのですが、どこかで道を踏み外してしまったようです。こないだは、遂に軍法会議カテゴリーまで設けてしまいま…

【日本軍】さらに軍法会議を知ろう【軍事司法】

今日も軍法会議についてです。 どこまで続く軍法会議 しばらく前から、延々と軍法会議絡みの話を書いてます...という出だしもいいかげん飽きてくるぐらい引っ張ってるのですが、なんと今回で9回目です。 結構な数になってきたので、ついにカテゴリーを設けま…

【軍事司法】現代の軍法会議制度 ドイツ編【軍事裁判所】

最近、軍法会議についての記事が続いていたのですが、前回は12月8日ということで軍法会議の話は中断して、太平洋戦争開戦にまつわる記事を書きました。 oplern.hatenablog.com 太平洋戦争では真珠湾攻撃よりも前にマレー半島への上陸作戦が行なわれたのです…

【世界のマイナー戦争犯罪】タイの中立は日本によって侵犯されます【1941年12月8日】

ここ最近、軍法会議についてしつこく取り上げてきました。日本軍で3回、現代の軍法会議は米・英・仏とそれぞれ1回ずつ記事を上げてるのですが、実はまだ終わってません。しつこいですね。なお、しつこく地道に書いてきた記事は以下の通り。 【日本軍】軍法会…

【軍事司法】現代の軍法会議制度 フランス編【軍事裁判所】

今回も、更にしつこく現代の軍法会議(軍事裁判所)制度についてです。今回は、自由・平等・博愛のフランス編。大陸軍は世界最強。 なお、前回までの軍法会議関連記事は以下の通り。 【日本軍】軍法会議を(ちょっとだけ)知ろう【軍事司法】 - Man On a Mis…

【英国】現代の軍法会議制度 イギリス編【軍事裁判所】

最近、軍法会議の話が続いてるのですが、前回はアメリカの軍法会議(軍事裁判所)の制度についてめんどくさいけど取り上げました。 oplern.hatenablog.com 今回もしつこく軍法会議(軍事裁判所)について。現代の軍法会議制度、今回はイギリス編です。 なお…

【米軍】現代の軍法会議制度 アメリカ編【軍事裁判】

しばらく軍法会議についての記事が続いてます。 oplern.hatenablog.com oplern.hatenablog.com oplern.hatenablog.com 私の趣味範囲からは外れますし、非常にめんどくさいではあるのですが、延々と軍法会議軍法会議わめいてきましたので、一応の責任(?)と…

【日本海軍】海軍の軍法会議【陸軍との違い】

前回、前々回にわたって、軍法会議について日本陸軍の制度を中心に取り上げました。 oplern.hatenablog.com oplern.hatenablog.com もののついでに、今回は、日本海軍の制度について取り上げます。 とはいえ、実の所、陸軍と大して変わらなかったりしますの…

【日本軍】軍法会議をもうちょっと知ろう【軍事司法】

前回、「軍法会議」というものについて、日本陸軍の制度を中心に取り上げました。 oplern.hatenablog.com 今回はその補足。前回取り上げられなかった部分について書きたいと思います。

【日本軍】軍法会議を(ちょっとだけ)知ろう【軍事司法】

本日の記事は、唐突に何の脈絡もなく日本軍の軍法会議について取り上げます。 軍法会議といえば、フィクションではよく「軍法会議ものだ」なんてセリフが出てきますが、じゃあ、軍法会議ってなに?と問われると答えられる人は少ないのではないでしょうか少な…

【船舶信号】旗旒信号と発光信号【国際信号旗】

前回記事では、日本軍の豊富すぎる戦争犯罪事例から「ビハール号事件」を取り上げました。 oplern.hatenablog.com 「ビハール号事件」は、1944年3月、重巡洋艦「利根」艦上において、ビハール号を撃沈した際に収容した捕虜60名以上を殺害した事件です。詳細…

【世界のマイナー戦争犯罪】ビハール号事件【日本軍】

前回記事では、大日本帝国海軍の「航空巡洋艦」である「利根」について取り上げました。 oplern.hatenablog.com 上記で触れた通り、重巡洋艦「利根」は、1944年3月に、ビハール号を撃沈した際に収容した捕虜60名以上を洋上で殺害するという事件を起こしてい…

【世界のマイナー戦争犯罪】病院船ぶえのすあいれす丸の撃沈【アメリカ】

前回記事は、「世界のマイナー戦争犯罪*1」シリーズ、「橘丸事件」について取り上げました。 oplern.hatenablog.com 当該事件は1945年8月、日本陸軍病院船の橘丸が戦闘員と武器弾薬を輸送していたことが発覚し、戦後、戦時国際法違反として関係者が裁かれた…

【世界のマイナー戦争犯罪】病院船橘丸による兵員輸送【日本軍】

前回は「世界のマイナー戦争犯罪*1」シリーズとして、「ババル島事件」について取り上げました。 oplern.hatenablog.com 当該事件は、1944年10月から11月にかけて、インドネシア東部のババル島で起こった、日本軍による住民虐殺事件で、婦女子含めて400名〜7…

【世界のマイナー戦争犯罪】ババル島事件【日本軍】

本日は二本立て。今回記事は「世界のマイナー戦争犯罪*1」シリーズ15回目、ババル島事件について。 「世界のマイナー戦争犯罪」シリーズは、日本軍による南京事件やナチスドイツのユダヤ人虐殺といった有名どころの戦争犯罪は脇に置いといて、あまり知られて…

【爆弾テロ】爆発物からの安全離隔距離【IED】

最近、東京オリンピックの話題が目立ち始めてますね。被災地ほっぽり出して2020年開催ですので、ぼちぼち、クローズアップされることが増えているのでしょうが、まあ、予想通りというかなんというか、ネガティブな話が多いようです。 去年の話ではありますが…

【やけど】熱傷(火傷)による人体の損傷【戦地】

最近、(一応)医療に関係する記事を延々と書いています。といっても、昭和初期から太平洋戦争あたりをメインに取り扱ってるブログですので、まんま医療についての記事というわけではないのですが。 私は別に医療従事者というわけでもないですので、ボロが出…

【世界のマイナー戦争犯罪】チェコ リディツェ村の「報復」破壊【ナチスドイツ】

本日記事は「世界のマイナー戦争犯罪*1」シリーズ14回目、ナチスドイツの戦争犯罪について取り上げます。 「世界のマイナー戦争犯罪」シリーズは、日本軍による南京事件やナチスドイツのユダヤ人虐殺といった有名どころの戦争犯罪は脇に置いといて、あまり知…

【世界のマイナー戦争犯罪】日本軍憲兵の戦争犯罪【日本軍】

前回記事は、「世界のマイナー戦争犯罪*1」シリーズ12回目、太平洋戦争におけるアメリカの「名もない戦争犯罪」について、初の大西洋単独横断飛行で有名なリンドバーグの日記から取り上げました。 oplern.hatenablog.com 「世界のマイナー戦争犯罪」シリーズ…

【世界のマイナー戦争犯罪】リンドバーグはかく語りき【アメリカ】

ここしばらく、「世界のマイナー戦争犯罪*1」シリーズの記事を多く書いていますが、今回もしつこく同シリーズ記事となります。第12回目。 同シリーズは、日本軍による南京事件やナチスドイツのユダヤ人虐殺といった有名どころの戦争犯罪は脇に置いといて、あ…

【世界のマイナー戦争犯罪】パラワン島の米兵捕虜殺害【日本軍】

以前、バンカ島事件について取り上げました。 oplern.hatenablog.com 上記記事にて、「ぼくのかんがえたすばらしいにほん」に都合の悪いことは無かったことにしよう、なんて連中が増えていると書いたのですが、やはりというかなんというか、順当に(?)同事…

【世界のマイナー戦争犯罪】エチオピア戦争における毒ガス使用【イタリア】

本日の記事は、「世界のマイナー戦争犯罪*1」シリーズ第10回目です。 本シリーズは、日本軍による南京事件やナチスドイツのユダヤ人虐殺といった有名どころの戦争犯罪は脇に置いといて、あまり知られていないものを取り上げてみようという企画です。いつのま…

【大日本帝国憲法】明治憲法上の日本軍【日本国憲法】

昨日は5月3日、憲法記念日でした。 本当は昨日のうちに憲法にちなんだ記事の一つも書こうかと思っていたのですが、とある講演会を聴講した後、本屋をうろついたり、食事をしたり、本屋をうろついたりしてる間になぜか時間がなくなっていたので、「みどりの日…