Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【拳銃・小銃】銃弾はどこまで飛ぶの?【飛距離】

先日、陸自の射撃訓練中に、81ミリ迫撃砲(L16?)の実弾1発が高島市の国道303号近くに着弾、民間車両を損壊したという事件がありました。

迫撃砲誤射、陸自操作ミスか 2発着弾点不明後も訓練続行 : 京都新聞

1発目と2発目の着弾点が不明となっていたにもかかわらず訓練は続行され、問題の迫撃砲弾は3発目だったとのこと。14日午後1時15分ごろに発射した砲弾が民間車両を損壊、午後2時半ごろに滋賀県警から民間車両に損壊があったという連絡受け、午後3時に訓練中止となったようです。
人身被害が無かったことは不幸中の幸いといったところですが、なんというか、色々な問題を抱えてそうな事件ですね。

この事件を受けて、自由でも民主的でもないJ党のヒゲが「実弾が演習場の外に出ることはあってはならない」とか「同種弾薬の射撃中止は当然の措置」だとかヌカしてるようですが、2018年6月21日に発生した沖縄県名護市の流れ弾事件に対してはシカトしてますので、個人的にはただの人気取りで政治家としての誠実さなどは持ち合わせていないと思っています。
ちなみに、沖縄では復帰後28件にのぼる流弾事故が起きてますが、米軍は日米地位協定の排他的管理権を盾に県警の基地内立ち入りを拒否することが多いです。

閑話休題、今回記事は上記事件を受けて迫撃砲についての説明を…と思ったのですが、あまり語りたいこともなかったので、沖縄の流れ弾事件の方から、銃弾の飛距離について書くことにしました。
迫撃砲については、そのうちいつか書きたいことができた時に。

続きを読む

【日本軍と保安隊】通州事件をもう少し【国民政府と中国共産党】

前回、「保守」派の方々が熱く語ることが多い通州事件について取り上げました。

oplern.hatenablog.com

「保守」な方々は、通州事件をダシに日本を正当化したり反中感情を煽ったりとせわしないのですが、熱く語る割に、故意か天然か重要な情報がよく欠落してたりします。
まあ、それはさておき、今回は上記記事の補足。前回、触れられなかった点についていくつか熱く語ります。

続きを読む

【冀東政権】割と真面目に通州事件【保安隊の反乱】

本日は、「通州事件」について……などと、しれっと始めてみましたが、この事件のことを知っている人はどの程度いるのでしょうか。
「保守」ってる方や愛国者様なんかは、貴重な「対南京事件カード*1」として「押さえている」んでしょうが、「日本悪くない」論に特別な興味を持たない方は、ご存じでない割合が高いんじゃないかと予想してます。

通州事件は、中国の河北省東部に樹立された対日協力政権(というと聞こえがよいが要は傀儡政権)である、冀東(きとう)防共自治政府の治安維持部隊(保安隊)による反乱事件です。保安隊は日本守備隊、特務機関などを襲撃、軍人や冀東政府関係者だけでなく一般の日本居留民を殺害しました。
「保守」な方々は、この事件をもって「中国人の残虐性」を声高に訴えることが多いのですが、他にも、「中国は南京大虐殺ばかり宣伝するが日本人が虐殺された事件もある」とか、「南京事件での日本軍の残虐行為の原因は通州事件にある」とか、そういう「日本だけが悪いわけじゃない」的なことを言う方も。作家の児嶋襄氏なんかも、著作「日中戦争」で、日本軍の残虐行為の原点が通州事件への怒りにあるみたいなこと書いてますね。

 通州事件が、(層が偏ってるとはいえ)戦後世代に広く知られるようになったきっかけは、おそらく小林よしのりの「戦争論」あたりじゃないかと思うのですが、それより前にも、保守系論客が保守系論壇誌なんかで通州通州わめいているのが散見されますので、誰がどの程度「通州事件」の知名度に影響を与えたのかは、定かではありません。

さておき今回記事を書くにあたって、日本において「通州事件」がどのような周知のされ方をしているのか、その一端を知るため「通州事件」でググッてみました*2
まあ、案の定、「中国人が日本人を虐殺」だの「残虐目を覆う」だの「日本人には到底出来ない」だのと、扇情的かつ民族性と残虐性を無理に結びつけるサイトが大量に出てきてげんなりしてしまったわけですが、私の疲労感はさておいて一応、一例として「著名人」によるサイトを載せておきます。

「 中国人の邦人惨殺、通州事件を学べ 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト

念の為言っておきますが、リンクを貼ったからといって、私が当該サイトに共感したり賛意を示しているわけではありません。

ともあれ最初から予想はしてたものの、やはり通州事件については、保守ってる方によるサイトが大半を占めているようです。これらは保守ってる方々の「主張」を知らしめることが主目的のようで、故意か天然かは不明ながら事実関係について割と無頓着というか、奇妙に記述が漏れていたり誤認してる点が多いように感じました。
もちろん、通州事件の検索でヒットしたサイトには、それら特定の主張色が強いもの以外に、真面目に歴史的視点から記述されたものもあります。
こちらとか。)
しかしながらその数はけして多いとは言えません。こういった状況下では、歴史的事実そっちのけで奇妙な解釈がはびこりやすくなりますので、多少なりともそういう流れを食い止めるため、微力ながら私も記事を書いてみることにしました。
そんなわけで、本日記事は、通州事件について比較的「真面目」に取り上げてみようという企画です。

*1:ちなみに、戦力比は十数万〜数万:225。通州事件の方が225です。なお、十数万〜数万という数字は、私が「真面目」な研究と判断したものから持ってきてますので、あしからず。

*2:正直、脳が腐りそうなのでやりたくなかったのですが…。

続きを読む

【大日本帝国】日本海軍 歴代元帥一覧【元帥海軍大将】

前回の続き。
前回記事では日本陸軍の元帥一覧を掲載しました。今回は海軍です。

oplern.hatenablog.com

なお、大日本帝国の「元帥」がどういったものであるかは、こちらの記事をご覧ください。

oplern.hatenablog.com

続きを読む

【大日本帝国】日本陸軍 歴代元帥一覧【元帥陸軍大将】

本日は小ネタ。
先日、大日本帝国における「元帥」について書きました。

oplern.hatenablog.com

日本軍の元帥は、アメリカやソ連/ロシアなどと違って、階級ではなく称号です。特旨(とくし)によって元帥府に列せられた陸海軍の大将が「元帥」となります。よって、正確には「元帥陸軍大将」または「元帥海軍大将」となります。

詳細については上記記事を見ていただくとして、今回はその補足記事、日本陸軍の元帥についての一覧表です。
氏名、親補年月日、死亡年月日を載せてますが、昔の人は氏名の読みが難しいので、ふりがなも設けておきました。
(ただし、氏名については別の読み方がある元帥もいますので、ご注意を。)

続きを読む