Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【世界のマイナー戦争犯罪】万県事件【イギリス】

2019年4月15日、石垣島事件の慰霊祭が行なわれたそうです。

石垣島事件は、太平洋戦争末期に日本海軍警備隊が、捕虜となったアメリカ人飛行士3名を殺害した事件です。以前に記事にしてますので、詳細はそちらをご覧ください。

oplern.hatenablog.com

慰霊祭については、こちらで報じています。

www.youtube.com

関係者によると、来年は75年の節目を迎えることからアメリカからも多くの遺族らに参列してもらおうと準備を進めるとのことです。
今現在、国民の多くは「戦争を知らない」世代となりましたが、このような話を聞くと、多少なり太平洋戦争を身近に感じられないでしょうか?

さて、石垣島事件は日本海軍による戦争犯罪ですが、当ブログでは、前回、イギリスの戦争犯罪、アムリッツァル事件について取り上げました。

oplern.hatenablog.com

上記は、シリーズ記事「世界のマイナー戦争犯罪*1」の第6回目となります*2

本日も前回に引き続き、「世界のマイナー戦争犯罪」シリーズ7回目。前回同様、イギリスによる戦争犯罪である万県(ばんけん)事件を取り上げます。

なお、1回目から5回目までの当シリーズ記事は以下の通り。

【世界のマイナー戦争犯罪】メリッソ村民虐殺事件【日本軍】 - Man On a Mission

【世界のマイナー戦争犯罪】ル・パラディ近郊での英軍捕虜銃殺【ナチスドイツ】 - Man On a Mission

【世界のマイナー戦争犯罪】グアテマラ内戦の戦争犯罪【中米グアテマラ】 - Man On a Mission

【世界のマイナー戦争犯罪】ピノチェト政権下の「反体制派」弾圧【南米チリ】 - Man On a Mission

【世界のマイナー戦争犯罪】鴨緑丸事件【アメリカと日本】 - Man On a Mission

最近は、規律正しい軍隊による正しい戦争、なんてのを妄想する方もおられるようですが、残念ながら、戦争に戦争犯罪は(割と)つきもので、それ故、戦争犯罪は腐るほど世に溢れかえっているのです。

*1:実のところ、一口に「戦争犯罪」といってもその定義はあまり明確ではありません。狭義の戦争犯罪としては、ハーグ陸戦規定などの戦時国際法規に違反する民間人や捕虜への虐待・殺害・略奪、軍事的に不必要な都市破壊などが挙げられますが、一般的には、これに含まれないユーゴスラヴィアルワンダ内戦での虐殺、ナチスドイツのアウシュヴィッツなんかも戦争犯罪とされています。当ブログではあまりこだわらず、一般的イメージとしての「戦争犯罪」を扱いますのでご承知おきください。

*2:実のところ、それほどマイナーと言えるか疑問なのですが、そこを気にし始めるとシリーズ名を変えるか、本当にごく一部の事件しか取り上げられなくなるので、あまり深く考えないようにしてます。ちなみに、なぜこんなシリーズ名にしたかというとただの勢いです。

続きを読む

【世界のマイナー戦争犯罪】アムリッツァル事件【イギリス】

本日の記事は、「世界のマイナー戦争犯罪*1」シリーズ第6弾です。

本シリーズは、日本軍による南京事件ナチスドイツのユダヤ人虐殺といった、有名どころの戦争犯罪は脇に置いといて、あまり知られていないものを取り上げてみようという企画です。
ちなみに、過去に取り上げた「マイナー」戦争犯罪は、以下の通り。

【世界のマイナー戦争犯罪】メリッソ村民虐殺事件【日本軍】 - Man On a Mission

【世界のマイナー戦争犯罪】ル・パラディ近郊での英軍捕虜銃殺【ナチスドイツ】 - Man On a Mission

【世界のマイナー戦争犯罪】グアテマラ内戦の戦争犯罪【中米グアテマラ】 - Man On a Mission

【世界のマイナー戦争犯罪】ピノチェト政権下の「反体制派」弾圧【南米チリ】 - Man On a Mission

【世界のマイナー戦争犯罪】鴨緑丸事件【アメリカと日本】 - Man On a Mission

戦争には(割と)戦争犯罪がつきものですが、これは国や民族に関係なく普遍的なものです。もちろん、どこぞの方々が言うように日本だけはキレイな軍隊、キレイな戦争なんてこともありません。
(どういう思考回路だと、日本だけは特別という結論になるのかわかりませんが…。)

さておき、今回の記事はイギリスのインド統治におけるインド市民虐殺事件。アムリッツァル事件(アムリットサルとも)を取り上げます。

*1:実のところ、一口に「戦争犯罪」といってもその定義はあまり明確ではありません。狭義の戦争犯罪としては、ハーグ陸戦規定などの戦時国際法規に違反する民間人や捕虜への虐待・殺害・略奪、軍事的に不必要な都市破壊などが挙げられますが、一般的には、これに含まれないユーゴスラヴィアルワンダ内戦での虐殺、ナチスドイツのアウシュヴィッツなんかも戦争犯罪とされています。当ブログではあまりこだわらず、一般的イメージとしての「戦争犯罪」を扱いますのでご承知おきください。

続きを読む

【大日本帝国】日本海軍艦艇の建造費 その3【蛟龍・回天・震洋】

前回、前々回と日本海軍艦艇の建造費例を挙げています。

oplern.hatenablog.com

oplern.hatenablog.com

今回も引き続き海軍艦艇の建造費例を挙げますが、前回予告した通り、「特殊」な艦艇について取り上げます。
具体的には、甲標的丁型(蛟龍)、回天、震洋について。

建造費だけ挙げて終わりというのも何なので、一応、それぞれの艦艇に簡単な説明をつけています。ただし、前回、前々回同様に雑な説明となっているので、正確に詳しく知りたいという方は、書籍などでお調べ下さい(前回、前々回同様になげやり)。
建造費のおおよその現代換算額*1も付けてますので参考まで。

*1:それぞれの金額算出年が異なりますので、当時の建造費と現代換算額の比は、艦艇毎で相違があります。

続きを読む

【大日本帝国】日本海軍艦艇の建造費 その2【潜水艦・海防艦】

前回、日本海軍艦艇のうち、空母、巡洋艦駆逐艦の建造費について、いくつか例を挙げました。

oplern.hatenablog.com

前回予告した通り今回はその続き。潜水艦および海防艦の建造費についていくつか例を挙げます。なお、金額は計画建造予算からとなっております。

建造費だけ挙げて終わりというのも何なので、前回同様にいくつかの艦艇には簡単な説明もつけてみました。ただし、前回同様に雑な説明となっているので、正確に詳しく知りたいという方は、書籍などでお調べ下さい(前回同様になげやり)。

また、建造費のおおよその現代換算額も付けてます*1。それから、艦型の後ろの数字は基準排水量*2となっています。大きさの目安にでも。ちなみに、クソでかいことで有名な大和型戦艦の基準排水量は6万4000tです。
なお、日本海軍の艦艇種別については以前、記事を書いてますので、そちらをどうぞ。

oplern.hatenablog.com

それでは、以下、建造費の例を挙げていきます。

*1:それぞれの金額算出年が異なりますので、当時の建造費と現代換算額の比は、艦艇毎で相違があります。

*2:完成して航海可能な状態の艦艇に、乗員、全ての兵装、弾火薬、消耗品などを搭載するが、燃料とボイラー用の缶水を搭載しない状態での排水量。なお、排水量とは、船を海に浮かべた時に押しのけた水の重さです。

続きを読む

【大日本帝国】日本海軍艦艇の建造費 その1【空母・巡洋艦・駆逐艦】

しばらく前に、日本陸軍の軍人の給料についての記事を書いています。

oplern.hatenablog.com

上記は、陸軍軍人の給料に関する一連の記事を最後にまとめたものですが、基本的な俸給以外に加俸や手当なんかについても少し追ったり、当時の物価についても言及したりしたので、予想外に多数の記事を書くことになってしまいました。

その後、ついでに、陸軍将校退職後に支給される恩給とか、金鵄(きんし)勲章による年金なんかについても書いてます。

oplern.hatenablog.com

oplern.hatenablog.com

これらの記事に乗じて、今回もお金の話。
本日は、日本海軍艦艇の建造費がどれくらいだったのか、いくつか具体例を挙げてみようという記事です。

続きを読む