Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【大日本帝国】海軍カレー伝説【俗説と伝説の間】

前々回は海軍とアイスクリームについて取り上げました。

oplern.hatenablog.com

もののついでで、今回は海軍カレーについて取り上げたいと思います。
といっても、カレーそのものについてではなく、海軍カレーにまつわる「伝説」について。

続きを読む

【大日本帝国】酒保ってなに?【陸軍・海軍憩いの場】

前回、日・米の海軍におけるアイスクリームについての記事を書きました。

oplern.hatenablog.com

日本海軍には、「間宮」という有名な給糧艦(食糧を供給する輸送艦)がありましたが、間宮で製造したアイスクリームは、専用の魔法瓶に入れて、艦隊各艦の士官室や「酒保」に供給されました。

「酒保」というのは、兵営や艦艇内に設けられた売店のことです。歯ブラシや手拭、ちり紙、石鹸といった日用品や、うどんや酒類などの飲食物の販売が行われました。
今回はこの酒保について少々。

続きを読む

【第二次大戦】海軍とアイスクリーム【日本とアメリカ】

前回、日本海軍の士官に対するテーブルマナー教育について触れました。

oplern.hatenablog.com

テーブルマナー教育の関係から、海軍では士官(と准士官)に対しては洋食フルコースの食事が出たりしたのですが、当然ながら下士官や兵についてはそんな贅沢な食事は出てきません。
しかしながら、軍では、兵員の士気と健康を高い水準で保つ必要から栄養豊富かつ味の良い食事の提供は極めて重要であり、食事には様々な工夫がこらされました。
日中戦争以降の陸軍や、太平洋戦争後期の海軍は、それどころじゃない状態に陥ったりしますが…。)

厳しい生活環境のうえ娯楽らしい娯楽もない海軍艦艇内では、通常の食事以外に、各種の嗜好品も士気低下の抑制に役立ちました。
各嗜好品は、艦内の酒保(売店)で販売され、例えばビールや日本酒、サイダー、タバコ、菓子などを入手できます。酒類やタバコはともかく、サイダーや菓子といった、甘味も人気がありました。

日本海軍の有名な給糧艦(食糧を供給する輸送艦)である「間宮」では、充実した食品製造設備により長期保存の難しい豆腐、こんにゃく、パンなどが製造されていましたが、それらの作業の片手間で作っていた菓子類が好評を博したため、年ごとに菓子製造量が増加することとなりました。
間宮の提供する菓子としては「間宮ようかん」が特に有名ですが、これと双璧をなしたものにアイスクリームがあります。

…というわけで、今回記事は日米海軍とアイスクリームにまつわるちょっとした話を。

続きを読む

【大日本帝国】海軍とテーブルマナーとフルコース【フランス料理】

今回は前回記事の補足の小ネタです。

oplern.hatenablog.com

前回は日本海軍の階級についての記事だったわけですが、今回は階級制度についての補足というわけではなく、兵曹長准士官)が週3回洋食フルコースの食事の待遇を受けたというくだりについての記事だったりします。

続きを読む