Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【沖縄汚染編】軍事趣味者は基地公害の夢を見るか?【軍事環境問題】

久方ぶりの更新です。
だいぶ前になってしまいましたが、前回記事では在日米軍による環境汚染を取り上げました。

oplern.hatenablog.com

ちなみに、その前の記事では、米国本土における米軍による環境汚染について取り上げてます。

oplern.hatenablog.com

日本では環境問題に対しての関心が低い傾向にありますが、さらに対象を絞った「軍事活動による環境汚染」なんてのはいわずもがなで、上記記事も他記事と比較すると非常にアクセスが少ないです。
(予想通りではありますが)

当然ながら、メディア上で基地公害/環境汚染が取り上げられることもあまり無いわけですが、これだけの規模の米軍を受け入れている現状を考えると、なんとも不思議なことではあります。
まあ、負担については基地所在地に押しつけてますので、大多数の国民は無関心でいられるということでしょうか*1。無関心でいられるなら、そっちの方が楽ですし。
むしろ大規模な米軍駐留があるからこそ、米軍による環境汚染/基地公害問題を矮小化したり、左翼の捏造(苦笑)だとか言って無かったことにしようとする向きが多いのかもしれませんね。

さておき、アクセスが少ないとか愚痴っといてなんですが、今回記事も懲りずに在日米軍による環境汚染/基地公害についてです。
前回記事では日本各地の在日米軍基地の環境汚染を取り上げたわけですが、今回は沖縄における環境汚染について。

実のところ、前回記事でも那覇軍港、キャンプキンザーでの環境汚染をいくつか取り上げてはいます。
しかしながら、なにせ日本における米軍専用施設面積の7割以上が集中している県ですので、大量に環境汚染/基地公害の事例があり、バランス的にもういくつか追加で取り上げといた方がよいかな、と思った次第。
(ちなみに「米軍専用施設面積の7割以上が沖縄に集中というのは嘘で本当は23%」などと思っておられる方は、前回記事をお読みいただければと思います)

前置きが長くなりましたが、次節より沖縄の米軍基地による環境汚染/基地公害の事例をいくつか。

*1:兵器の話とか、米軍の「活躍」の話だと嬉々として語る人も多いのですけどね。多くの日本国民にとって、「米軍」は現実問題ではなく娯楽コンテンツに過ぎないのです。
さらに余計なことを言うと、軍事ジャーナリスト/評論家/ライターも軍事活動による環境汚染や基地公害について取り上げる方は少ないですね。逆に、米軍を擁護するために、日本国民の受けた被害を矮小化しようとする人はそこそこいるようです。

続きを読む

【在日米軍編】軍事趣味者は基地公害の夢を見るか?【軍事環境問題】

軍事環境問題についての記事、2回目です。
前回予告通り、今回は日本における在日米軍の環境汚染/基地公害問題について。

欧州なんかだと環境問題に対する関心が高い傾向にありますが、対して日本では環境問題についての偏見が根強く、何も知らないのに「偏向した連中が大げさに騒ぎ立ててるだけ」なんて受け止め方をする人が多いようです。
米軍基地公害なんかだと、盲目的に米軍を擁護しちゃう方も多々見られたりしますね。
ところが、そういう人が中国における環境問題については、大喜びであげつらったりしますので不思議でなりません*1

ともあれ、前回は、アメリカ国内での米軍による環境汚染を中心に取り上げました。

oplern.hatenablog.com

日本では、基地公害が発覚しても大勢の日本国民が無理やり擁護しちゃうくらいに大人気な米軍様ですが、さて、そんな米軍様はどのように日本の国土を汚染なさったり、日本国民の健康に悪影響を与えておられるのでしょうか。

*1:そういや、新型コロナもそんな感じですね。

続きを読む

【アメリカ編】軍事趣味者は基地公害の夢を見るか?【軍事環境問題】

年が変わり2021年になりました。
なったのですが、だからどうだということもなく、正月ごときは何事もなかったようにスルーしていつもの通り辛気臭い話を。

今回は米軍の活動や基地がもたらす公害/環境被害について。
結構大きなテーマですので、当ブログで網羅的な取り上げ方はしないし出来ません。興味がある方は、記事末尾の書籍をお読みいただくなり、軍事環境問題についての文献や論文を探すなりしてみてください。

今回はアメリカにおける軍事環境問題を、次回は日本における在日米軍の基地公害問題を取り上げる予定です。もしかしたら2回で収まらないかも。

続きを読む

【太平洋戦争/大東亜戦争】せっかくだから俺はこの〇〇〇を選ぶぜ【呼称】

本日は12月8日、太平洋戦争開戦の日です。
79年前の今日、英領マレー半島への上陸および真珠湾攻撃をもって太平洋戦争が勃発しました。

当ブログでは、12月8日にできるだけ太平洋戦争開戦にちなんだ話を挙げるようにしています。
とはいっても、まだ一昨年、去年の2回しか挙げてないのですが。

oplern.hatenablog.com

oplern.hatenablog.com

今年も太平洋戦争開戦にちなんだ話を、と思ったのですが、残念ながらあまり時間がとれませんでした。
なので本日は小ネタ。太平洋戦争「開戦」にちなむといってよいのか微妙感はありますが、太平洋戦争の呼称について少々。
時間もないことだし、あまり込み入った話はしませんのでその旨ご承知おきください。

なお、記事タイトルは例のゲームのオマージュです。なんだこのドカ貧は懐かしいですね。ちなみにゲームの発売は1996年なのですが、なんと2018年にサントラが出ています。
こちらにその経緯がありました。)

続きを読む

【BCG・療養所】日本軍vs結核【結核対応その後】

世の中には、紛らわしいタイトルの映画が多くあります。例えば「ゴーストバスターズ」と「ゴーストハンターズ」。
ゴーストバスターズ」は原題そのままですが、「ゴーストハンターズ」の原題は「Big Trouble in Little China」と似ても似つかない名前なので、邦題で紛らわしくされた形ですね。
ゴーストハンターズの公開の方が遅いので、まあ、メジャーな映画に似せたとかそういう作為があったんじゃないかと思うのですが、ともあれ私はゴーストハンターズの方が好きだったりします。

紛らわしい名前の映画として少し面白いのが、香港映画「少林寺vs忍者」と「忍者vs少林寺*1」。
非常に紛らわしい邦題ですが、こちらの両作品、原題は双方とも「中華丈夫*2」です。
内容は全く異なり、「少林寺vs忍者」は中国人の夫と日本人の妻が武術をめぐって夫婦喧嘩となる話、「忍者vs少林寺」は、なんか徳川埋蔵金をめぐって(いるらしい。劇中ほぼ情報が開示されないのでよくわからない)若かりしマックス・チャンが忍者と戦う話です。
もしも、原題が同じことを踏まえてあえて紛らわしい邦題をつけたのであれば、なかなか凝ってますね。真相はどうだかわかりませんが。

さて、延々記事タイトルと違う話を続けてしまいましたが、ここから本題。
前回、日本陸軍が行った結核への対応について触れました。

oplern.hatenablog.com

今回は前回の補足的記事。太平洋戦争後半時期の結核対応および、結核療養所の事例とBCGについて少々。

なお記事タイトルが紛らわしいのは、香港映画「少林寺vs忍者」と「忍者vs少林寺」へのオマージュですごめんなさい。

*1:正確にはULTIMATE BATTLE/忍者vs少林寺

*2:「忍者vs少林寺」の方は「致命密函」「魔忍狂刀」という別名あり

続きを読む