Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【軍事司法】日本軍の軍法会議:犯罪と第三百十条【不起訴事例】

前回の引きはこんな感じでした。

ちなみに、第十軍法務部陣中日誌の「被告事件既決未決一覧表」によれば、既決55件(102名)、未決7件(16名)の軍法会議があったということです。
上記一覧表の「刑名刑期」の列には、懲役○年だの、禁錮○月だのといった記述があるのですが、中には「310条告知」というものも入っています。
(というか大量にあります)

これは陸軍軍法会議法第三百十条に基づくものなのですが、一応、同条を引用しておきましょう。

第三百十条 長官前二條ノ命令ヲ為サザルトキハ速ニ其ノ旨ヲ検察官ニ告知スヘシ

軍法会議長官は、捜査の報告を受けると検察官に対して、公訴提起するか予審請求するか命令します。また、自軍法会議の管轄外である場合には、その事件を管轄軍法会議または相当官署に送致します。
百十条はこれら以外の道を認めたもので、まあ、端的に言うと不起訴です。
(前記の「被告事件既決未決一覧表」には310条告知とは、別に「不起訴」というのもあるのですが、こちらは予審終了後の不起訴処分です。)

第十軍法務部陣中日誌には、いかなる理由により310条告知がなされたのか書いてないのですが、まあ、ついでですので、次回は310条告知となった犯罪についての事例をいくつか取り上げたいと思います。

【またも第十軍法務部陣中日誌より】日本軍の戦地犯罪と軍法会議判決【事例】 - Man On a Mission

 ……というわけで、今回記事は第十軍法務部陣中日誌より、310条告知がなされたものについて、いくつか事例を取り上げます。

なお、第十軍法務部陣中日誌資料については、「続・現代史資料6 軍事警察」より引かせていただいてますが、当該書籍では犯罪人の氏名が一部省略されていますのでご承知おきください。

続・現代史資料 (6) 軍事警察―憲兵軍法会議

続きを読む

【またも第十軍法務部陣中日誌より】日本軍の戦地犯罪と軍法会議判決【事例】

前回前々回日本陸軍第十軍の法務部陣中日誌から、軍法会議関連(被告事件の受理〜判決まで)の事例を取り上げました。

第十軍では犯罪が多発したものの、それを取り締まる憲兵の絶対数が不足しており、そのため実際に逮捕されて軍法会議に回された者は極僅かでした。
そのような状況にも関わらず、第十軍法務部陣中日誌には、戦地犯罪における多くのパターンが記録されています。

罪名から見ても、前回取り上げた殺人、強姦、略取等の他、放火、傷害、掠奪、賭博、窃盗、強制猥褻、敵前逃亡、軍用物毀棄、上官脅迫、上官暴行等々と、一般的犯罪、軍刑法に規定される犯罪のいずれも様々なものが見られます。第十軍は半年程度しか存在しなかったのですが、結構な網羅率といえるんじゃないでしょうか。
当然ながら犯罪事実の概要も記録されてますので、ある程度具体的に戦地犯罪のありさまを知ることができます。

そんなわけで、今回は戦地犯罪の内容と、それに対してどのような判決が出たのか、という点に着目して、同陣中日誌よりいくつか事例を取り上げてみようという企画です。

なお、第十軍法務部陣中日誌資料については、「続・現代史資料6 軍事警察」より引かせていただいてますが、当該書籍では犯罪人の氏名が一部省略されていますのでご承知おきください。

続・現代史資料 (6) 軍事警察―憲兵軍法会議

続きを読む

【再び第十軍法務部陣中日誌より】日本軍の軍法会議【事例】

今日もしつこく軍法会議のお話です。

以前、日本軍の軍法会議制度の概要について書きましたが、その際に「予審」という言葉が出てきました。

裁判部は、裁判と予審とにわかれており、前者には裁判官、後者には予審官が配されます。 裁判官、予審官となる要員については、あらかじめ判士、法務官らを定めておきます。実際に軍法会議が開催されると、その要員から、当該軍法会議を担当する予審官・裁判官を決定しました。

【日本軍】軍法会議を(ちょっとだけ)知ろう【軍事司法】 - Man On a Mission

 この「予審」について、上記記事では特段説明していません。しかし、現代日本では馴染みのないものですので、遅まきながら簡単な説明を。

とはいえ、それだけで終わりというのもなんなので、前回と同じく、第十軍の法務部陣中日誌より被告事件受理〜判決までの事例で、予審請求ありのものを追いかけてみました。

続きを読む

【軍事司法】日本軍の軍法会議:被告事件受理から判決まで【事例】

まいど、今回も軍法会議についてです。

今まで9回にわたって軍法会議の記事を書いてきました。
当初はちょちょいと2、3回書いて終わろうと思ってたのですが、どこかで道を踏み外してしまったようです。こないだは、遂に軍法会議カテゴリーまで設けてしまいました。こんなはずでは。

oplern.hatenablog.com

しかしながら、今までの記事を全て読み通された方(いるのか?)でも、おそらく、未だ、軍法会議についてピンとこない部分があるのではないでしょうか。
今まで述べてきたのは、ほとんど制度面からの話でしたので、具体的なイメージは持ちづらいかと思います。
今回は一応、そのフォロー。
日本陸軍第十軍の法務部陣中日誌から、実際の軍法会議の事例を追いかけてみます。

※第十軍法務部陣中日誌資料は、下記書籍を用いさせていただきました。

続・現代史資料 (6) 軍事警察―憲兵軍法会議

続きを読む

【日本軍】さらに軍法会議を知ろう【軍事司法】

今日も軍法会議についてです。

どこまで続く軍法会議

しばらく前から、延々と軍法会議絡みの話を書いてます...という出だしもいいかげん飽きてくるぐらい引っ張ってるのですが、なんと今回で9回目です。

結構な数になってきたので、ついにカテゴリーを設けました。

oplern.hatenablog.com

軍法会議に興味のある人がどの程度いるかわかりませんが、近年は、自衛隊軍法会議が必要とかいう話も目につくようになってきてますので、基礎知識としていかがでしょうか。

さておき、前回は軍法会議そのものではなく、日本軍の軍法会議のキーパーソンである法務官について取り上げました。

oplern.hatenablog.com

今回は、話を再び軍法会議に戻します。日本軍軍法会議の人権擁護規定の変遷について。

続きを読む