Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【戦争と軍隊のイヤな話】イヤばな #3【現代の戦争:イラク】

戦争や軍隊におけるイヤな話を取りあげる不定期連載(のつもり)第3弾です。
ちなみに、過去の記事はこちら。

oplern.hatenablog.com

oplern.hatenablog.com

本シリーズは、最近、戦争を「娯楽コンテンツ」的に取りあげる等あまりに軽々しく軍事・戦争を扱う方が目につくようになったため、戦争で何が起こるのかよくわかってないのじゃないかと思って始めたものです。

f:id:lmacs510:20181027001933j:plain

戦争で何が起こるのか/何が起きていたのか知ることを主題としており、時代・地域などにはこだわらず、とにかく戦争とか軍隊におけるイヤな話を取り上げます。なお、記事の性質上、書籍などからの引用が多くなります。

f:id:lmacs510:20181027001948j:plain

さて、本題に入る前に少し時事ネタ?を。ドイツ連邦軍が、兵員不足への対応のため、外国人の入隊を認めることを検討しているとのことです。

www.newsweekjapan.jp

ドイツは2011年に徴兵制を廃止しましたが、地域情勢の悪化を受けて徴兵制の復活についても議論されているのだとか。「地域情勢の悪化」にはやはりロシアの脅威が多分に含まれているようです。とりあえず当面の対処として、外国人受け入れによる欠員補充を考えている模様。
不謹慎ながら少し面白かったのが、最近実施された世論調査にて、ドイツに対する最大の脅威はロシアであると答えた人と、アメリカであると答えた人がほぼ同数だったという点です。
これは、トランプ大統領のもとアメリカがNATO加盟国に対して、同盟への貢献度を高めるよう要求していることが背景にありますが、かつてドイツ連邦軍アフガニスタンへ兵を派遣して50人以上の死者を出したことも、アメリカの要求に対する危機感を強くしているのかもしれません。

ちなみに、当ブログでは過去に大日本帝国の徴兵制度について記事を書いたことがあります。

oplern.hatenablog.com

上記記事でも書きましたが、2000年代中頃にはイラクアフガニスタンで米兵の犠牲者が増えており、その時期、アメリカでは経済的格差を利用した徴募(いわゆる経済的徴兵)が盛んに行なわれていました。
イラク国内の治安確保における米陸軍の兵力不足から、本来は戦闘継続期間15日程度の想定である米海兵隊が、治安維持に投入されたなんてことも。

f:id:lmacs510:20181027002032j:plain

なお、2003年から2010年までのイラク戦争で死亡した兵士の数は、イラク治安部隊を含めた連合軍側、イラク側双方ともに2万数千人におよびます。また、負傷者については11万人です。
民間人の死者の数は正確にはわからないのですが、兵士のそれよりはるかに多く、最初の4年間だけでも15万人とか60万人とかいわれてます。

f:id:lmacs510:20181027001701j:plain

閑話休題
前フリが長くなりましたが今回のイヤばなは、治安維持のためイラクに派遣された米陸軍兵士らが直面した、戦場の現実についてのお話。

なお、以降は延々と陰鬱な話が続きますので、ご承知おきください。
ちなみに、今までの画像は、ナポレオン~覇道進撃~10巻より。

さあ、それでは、イヤな話を始めましょう。

続きを読む

【世界のマイナー特殊部隊】特殊任務旅団Recce(レキ)【南アフリカ共和国】

前回前々回と、世界のマイナー戦争犯罪について書きました。これらは一応シリーズ記事となっています。

oplern.hatenablog.com

oplern.hatenablog.com

oplern.hatenablog.com

南京事件とかユダヤ人虐殺のような有名な戦争犯罪は、いろんなところでよく取り上げられますが、戦争犯罪には(当然ながら)一般にはあまり知られていないものも多数あります。
上記「世界のマイナー戦争犯罪」シリーズは、そういった知られざる戦争犯罪について取り上げようという趣旨で書いたものです。

ところで、当ブログでは、過去にいくつかの特殊部隊について取り上げています。
最近のものでは、イタリアの特殊部隊COMSUBIN(コムスビン)についての記事を書きました。

oplern.hatenablog.com

有名どころの米デルタやら英SASと違い、COMSUBINは一般にはあまり知られていない、ややマイナーな特殊部隊と言えると思います。
で、当ブログでは冒頭で述べた通り「世界のマイナー戦争犯罪」というシリーズ記事を書いてますので、ついでというには無理筋ですが、せっかくだから(?)「世界のマイナー特殊部隊」なんてシリーズも書いてみようと思い立ちました。

……ということで、今回は世界のマイナー特殊部隊シリーズ第1弾、南アフリカ共和国の特殊部隊であるRecce(レキ)について。

続きを読む

【世界のマイナー戦争犯罪】グアテマラ内戦の戦争犯罪【中米グアテマラ】

昨日の記事に引き続き、あまり知られていない「マイナーな」戦争犯罪について取りあげるシリーズ記事第3弾です。

なお、当シリーズの今までの記事は以下の通り。

oplern.hatenablog.com

oplern.hatenablog.com

今回取りあげるのは、中米グアテマラの内戦における戦争犯罪について。
実のところ、これを「マイナー戦争犯罪」シリーズで扱うのかは少し迷ったのですが、日本では思ったより知られていないようだったので、色々飲み込んで取り上げてみることにしました。

続きを読む

【世界のマイナー戦争犯罪】ル・パラディ近郊での英軍捕虜銃殺【ナチスドイツ】

以前、こんな記事を書きました。

oplern.hatenablog.com

戦争にはつきものである戦争犯罪から、とりあえず南京事件とかのメジャーどころは脇に置いといて、あまり知られていないものを取り上げてみようという趣旨の記事です。
本日記事はその第二弾。前回取り上げたのは日本軍による戦争犯罪だったわけですが、今回はナチスドイツの戦争犯罪です。
ナチスドイツといえばユダヤ人虐殺が真っ先に頭に浮かぶと思いますが、本事件は、捕虜となったイギリス軍兵士の殺害事件となります。

続きを読む

【大日本帝国】日本軍における相手の呼び方【俺と貴様と少尉殿】

本日は小ネタ。
日本軍人が出てくるフィクションだと、軍曹殿だの少尉殿だのと、xx殿xx殿うるせえことが多いのですが、実のところ「殿」を付けるのは陸軍のみであり、海軍では用いられませんでした。
今回は、そういった類のお話、旧日本軍内における他人の呼び方について取り上げたいと思います。

続きを読む