Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【日本軍】陸軍将校 退職後の生計【恩給・再就職】

しばらく前から、日本陸軍の給料についてしつこく記事を書いてきました。
一応、一区切りついて、前回はまとめ記事を書いてます。

oplern.hatenablog.com

上記など、一連の記事を読まれた方は、想像よりも少ない給料だと感じた方が多いのではないでしょうか。
最高階級の大将でも年俸6600円(現代換算約1320万円)、大佐4150円(現代換算約830万円)です。
大尉は1等でも1900円(現代換算約380万)、少尉になると850円(現代換算170万円)に過ぎません。

とはいえ、当時、収入のひとつの「基準」といわれていたのは「月収100円」または「年収1200円」であり、さらに、実際の昭和6年の勤労者世帯収入は80円(現代換算:16万円)程度、農家に至っては45円(現代換算:9万円)です。
現代に比べると国全体が貧しかったこともあって、今の基準で考えるべきではないかもしれません。
(とかいいつつ、当時でも「貧乏少尉、やり繰り中尉、やっとこ大尉」という言葉がありましたが。)

思ったより給料が少なくても、とりあえず現役で働けてるうちはよいのですが、陸軍将校ら「職業軍人」には、階級ごとに現役定限年齢というものが定められています。
これが何を意味するかというと、進級出来ずに定められた現役定限年齢、例えば少尉は満45歳、少佐は満50歳に達すると、現役を去ることとなりました。ここでいう「現役を去る」とは、予備役に編入されることを意味しており、これは平和な時期においては実質的な退職です。
(実際には現役定限年齢まで留まることはなく、もっと早い時点で、進級出来る者は進級し、そうでない者は予備役に編入されました。)
以前には、こういった陸軍将校の退職についても記事を書いています。

oplern.hatenablog.com

階級ごとの現役定限年齢について詳細は上記記事をご覧頂きたいのですが、大体、将官だと60歳前後、佐官なら50歳代、尉官なら40半ばといった感じでした。
将官に進級できた人以外は、割と早く退職になってしまうわけですね。
ちなみに、平時の定員では、中佐進級までに士官学校同期の3分の1が整理され、軍を去ることとなったようです。大佐になれるのは2割〜3割で、さらに将官まで進級できるのは1割程度でした。

陸軍将校の出世から予備役編入までの経歴については、以下の記事にて普通の軍人とエリート軍人様の2例を挙げています。

oplern.hatenablog.com

いけ好かないエリート軍人様は将官まで昇るので現代の定年と大差ない年齢まで現役ですが、普通の軍人は、50歳前後で予備役編入となることが多いです。

では、早い年齢で現役を退いた陸軍将校は、その後、どのように生活に必要な収入を得ていたのでしょうか。
本日記事は、退職後の陸軍将校の生計の立て方について。

続きを読む

【日本軍】日本陸軍軍人 給料一覧【まとめ】

しばらく前から延々と、大日本帝国陸軍の軍人の給料について書いてきました。
結構長いことかかりましたが、今回でひとまず終わりです。
以下、記事一覧。

【日本軍】陸軍将校 階級別の給料一覧【俸給】 - Man On a Mission

【日本軍】陸軍准士官の給料【特務曹長の俸給】 - Man On a Mission

【日本軍】陸軍下士官 階級別給料一覧【曹長・軍曹・伍長】 - Man On a Mission

【日本軍】陸軍兵士の給料一覧【上等兵・一等兵・二等兵】 - Man On a Mission

【日本軍】日本陸軍の給料 おまけ【加俸・手当】 - Man On a Mission

【日本軍の給料】日本陸軍 軍楽部の給料【番外編】 - Man On a Mission

【日本軍の給料】日本陸軍 憲兵の給料【番外編】 - Man On a Mission

思ったより記事数が増えてしまったので今回記事はそのまとめということで、将校・准士官下士官・兵とそれぞれ別記事となっていた給料一覧を再掲しておきます。あと、補足も少々。

続きを読む

【日本軍の給料】日本陸軍 憲兵の給料【番外編】

しばらく前から取り上げている日本陸軍の給料について、一段落したとか言いながらも、しつこくもう少しだけ続きます。

前回は、番外編として軍楽部の給料について取り上げました。

oplern.hatenablog.com

今回も番外編。憲兵の給料について。

続きを読む

【日本軍の給料】日本陸軍 軍楽部の給料【番外編】

前回、一段落などと言っておきながら、今回もしつこく日本陸軍の給料について。今回は番外編です。
前回記事では、加俸やら手当やらについていくつか取り上げました。

oplern.hatenablog.com

技術加俸についても少し触れています。そのくだりでは楽長補だの楽手だのという言葉が出てきましたが、これは軍楽部における階級名です。
今回は、この陸軍軍楽部の階級ごとの給料について取り上げます。

続きを読む

【日本軍】日本陸軍の給料 おまけ【加俸・手当】

しばらく前より、日本陸軍の各階級給料についての記事を書いています。

【日本軍】陸軍将校 階級別の給料一覧【俸給】 - Man On a Mission

【日本軍】陸軍下士官 階級別給料一覧【曹長・軍曹・伍長】 - Man On a Mission

【日本軍】陸軍准士官の給料【特務曹長の俸給】 - Man On a Mission

【日本軍】陸軍兵士の給料一覧【上等兵・一等兵・二等兵】 - Man On a Mission

将校から始めて、前回でようやく兵士の給料までたどり着きました。一応はこれで一段落といったところですが、実の所、今までの記事で掲載した給料は「基本給」とでもいうべきもので、各種加俸や手当なんかは含まれてません。
とはいえ、これら加俸や手当を網羅的に追ったりするとどうにも収拾がつかなくなりそうだったので、一部を除いて上記記事では触れませんでした。
ただ、その辺の言及がほとんど無しというのもなんなので、一応、申し訳程度にいくつか紹介しておきます。
なお、以下に挙げたのは全て1934年(昭和9年)時点のものです。

続きを読む