Man On a Mission

システム運用屋が、日々のあれこれや情報処理技術者試験の攻略を記録していくITブログ…というのも昔の話。今や歴史メインでたまに軍事。別に詳しくないので過大な期待は禁物。

【旧日本軍】日本軍の地味すぎて忘れる軍用機TOP5【航空機】

最近、軍用ライフルの話が続いています。その流れで今回も軍用ライフルの話を書こうかと思ったのですが、突如、第二次大戦時の地味で渋い航空機群の話を書きたくなったので、流れをぶった切って日本軍の軍用機について。 本記事では、地味で渋いというか、も…

【戦争と兵器】はじめてのアサルト・ライフル【MP43/MP44/StG44】

前回、アサルト・ライフルについての記事を書きました。 oplern.hatenablog.com 今回はそのおまけ。前回も少し触れたのですが、アサルト・ライフルの始祖、MP43ことMP44ことStG44について簡単に。

【戦争と兵器】アサルト・ライフルとは【突撃銃】

前回、前々回と第二次大戦/太平洋戦争にて用いられた小銃であるM1ガーランド、三八式歩兵銃について取り上げました。 oplern.hatenablog.com oplern.hatenablog.com M1ガーランドはセミオートマチック・ライフル、三八式歩兵銃はボルトアクション・ライフル…

【戦争と兵器】オートマチックライフルとM1ガーランド【第二次世界大戦】

前回、日中戦争から太平洋戦争にかけて日本軍の主力小銃であった三八式歩兵銃について書きました oplern.hatenablog.com 今回は、日本軍の対戦相手だったアメリカの主力小銃、M1ガーランドについて。

【戦争と兵器】三八式歩兵銃【日本軍のライフル】

本日は、日中戦争でも太平洋戦争でも日本軍の主力小銃として活躍した、三八式歩兵銃について少々。 三八式歩兵銃は、明治38年(1905年)に制定された小銃です。口径は6.5mmで、使用弾薬は「三八式実包」。有効射程は460メートルほどでした。重量は3730グラム…

【大日本帝国の国土】戦前日本の面積と人口

前々回にて、戦前日本の領土や委任統治領など、太平洋戦争以前の日本の統治領域について書きました。 oplern.hatenablog.com 前回はその補足として戦前日本の標準時について書いてますが、今回記事も同様に補足記事です。戦前日本の統治領域の面積やら人口や…

【大日本帝国の国土】戦前日本の標準時

前回、戦前日本の領土や委任統治領など、太平洋戦争以前の日本の統治領域について書きました。 oplern.hatenablog.com 今回記事はその補足。戦前日本における標準時について。補足記事につき、短めの記事となっております。

【大日本帝国】戦前日本の統治領域【領土その他】

よく日本は、狭い小さいせせこましいといわれます。(いや、国土の話であって、視野とか心とかの人間の性質の話ではありません。) 確かに米国や中国、ロシアなんかの糞でかい国とは比ぶべくもないのですが、世界は小さめの国の方が多かったりしますので、世…

【日本陸軍の生活】ぐんたいぐらし! 2巻目【兵たちの食事事情】

えー、まずは前回同様に記事タイトルについて謝罪いたします。ごめんなさい。他意はありません。 ところでゾンビサバイバルものといえば、水や食糧の調達が一つのテーマとなりますが、これは軍隊においても重要なテーマとなります。戦地における兵站はもちろ…

【日本陸軍】私的制裁の種類【新兵イビリは蜜の味?】

以前、日本陸軍における兵営生活の最小単位である内務班についての記事を書きました。 oplern.hatenablog.com 内務班は、平時編成における兵士の生活の場となりますが、そこでは日夜めくるめく私的制裁が行われていました。私的制裁というのは、指導/教育と…

【戦争を知ろう】大日本帝国海軍の組織【海軍省/軍令部/鎮守府】

前回、連合艦隊についての記事を書きました。 oplern.hatenablog.com 連合艦隊とはなんぞや?という疑問について簡単ながら説明した記事です。そんな疑問をどのくらいの人が抱くのかはわかりませんが。(疑問を持つ人は好奇心が強いタイプなのかも。)で、今…

【戦争を知ろう】連合艦隊ってなに?【大日本帝国海軍】

今日はちょっと小ネタを。最近というかここしばらく、当ブログでは太平洋戦争の話ばかりしてる感があります。真珠湾攻撃とかの記事では「連合艦隊司令長官の山本五十六」がどうとかつらつらと書いたりしてるのですが、この「連合艦隊」というのが一体何なの…

【黙つて働き】日本の戦時スローガン セレクション【笑つて納税】

昭和10年:九千万人 一列行進 出せ 三千年の底力昭和17年:一億が みな砲台と なる覚悟昭和18年:一億抜刀 米英打倒昭和19年:一億玉砕昭和20年:一億総懺悔 ←オチ部分平成27年:一億総活躍社会 ←2周目開始 進め一億 火の玉だ 今日は唐突に妙な文章から始ま…

【戦陣訓】生キテ虜囚ノ辱シメヲ受ケズ【日本人の捕虜観】

前回記事では、太平洋戦争における日本人捕虜第1号である、酒巻和男少尉について書きました。酒巻少尉は、小型潜水艇の「甲標的」で真珠湾攻撃作戦に参加しますが作戦途上で人事不省に陥り捕虜となっています。 oplern.hatenablog.com 当時の日本は既に理由…

【酒巻和男少尉】軍神から外れた男【九軍神】

前々回にて、特殊潜航艇「甲標的」による真珠湾攻撃での「特攻」について取り上げました。 oplern.hatenablog.com 上記記事で書いたとおり、この甲標的の真珠湾突入では5隻の甲標的が出撃し全て未帰還。搭乗員10名は1人を除いて戦死しています。この「特攻」…

【太平洋戦争】その後の甲標的【特殊潜航艇】

前回に引き続いて、今回も特殊潜航艇「甲標的」について。前回とかぶるところもありますが、まずは甲標的の概要から。 日本海軍は、太平洋上での艦隊決戦において母艦から発進して敵艦隊を邀撃する、小型の潜水艇、「甲標的」を開発していました。特殊潜航艇…

【真珠湾攻撃】太平洋戦争開戦時の特攻【特殊潜航艇 甲標的】

本日の記事は、太平洋戦争開戦時に実施された「特攻」である、特殊潜航艇「甲標的」による真珠湾突入について。 本ブログではだいぶ前に、真珠湾攻撃を事前にローズヴェルトが知っていたという説について取り上げたことがあります。 oplern.hatenablog.com(…

【太平洋戦争】ローズヴェルトは再び知っていたOverDose【真珠湾攻撃の真相?】

今日は再びローズヴェルト(ルーズベルト)の真珠湾陰謀説について少々。 太平洋戦争の開戦劈頭に、日本海軍はハワイ真珠湾への攻撃を行いました。で、この真珠湾攻撃については、昔から下記のようなローズヴェルト陰謀説が唱えられています。

【日本陸軍の兵営生活】ぐんたいぐらし!【内務班】

えー、まずは記事タイトルについて謝罪いたします。ごめんなさい。他意はありません。 それにしても、ゾンビものは根強い人気を誇っていますが、人気の秘密は一般人でも立ち回り次第でサバイバルできそうな気がする*1ところでしょうか。 *1:気がするだけ

【フランス革命】フランスの軍人/政治家/数学者 ラザール・カルノー【勝利の組織者】

本日は2本立て。前回分にて、フランス革命政府における徴兵制の始まりについて書きました。これは軍制改革の一環であったわけですが、それに深く関わった人物として、ラザール・カルノーがいます。 前回分では触れてないので、本記事にてカルノーについても…

【フランス革命】フランスと徴兵制【ナポレオン】

本日は、一応、時事ネタからの導入となります。最初にちょっと話題になった仏マクロン大統領の「徴兵制復活(したい)演説」について。 トゥーロンといえば、ナポレオンが初めに名を上げた場所ですね 当ブログでは、以前に日本における徴兵制について記事を…

【米軍】アメリカ海兵隊は海軍じゃありません【沿岸警備隊も】

本日記事は、アメリカ海兵隊について少々。言わんとしていることはすでに記事タイトルで駄々漏れになってますが、米海兵隊は米海軍の一部隊じゃありません、ということだけ。米軍がらみの話をした際に会話に奇妙なスレ違いが生じてて、後々よく考えると、ど…

【戦争と兵器】弾道ミサイルの迎撃【弾道弾迎撃ミサイル】

弾道ミサイルの基礎知識について語る、その7です。延々と弾道ミサイルの記事が続きましたが、今回で終わりです。最後は、弾道ミサイルの迎撃に用いられるミサイルについて少々。 現在、弾道ミサイルの迎撃はPAC-3やらGBIだのといった弾道弾迎撃ミサイル(ABM…

【戦争と兵器】弾道ミサイルと潜水艦【SLBM】

弾道ミサイルの基礎知識について語る、その6です。最近、弾道ミサイルについての記事が続いてますが、飽きてきたのでそろそろ終わります。多分、次回くらいで終わり。今回の記事は、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)について。

【戦争と兵器】弾道ミサイルの発射プラットフォーム【TEL/潜水艦】

弾道ミサイルの基礎知識について語る、その5です。そろそろ飽きてきているのですが、もうすこしだけ弾道ミサイルネタが続きます。今回は弾道ミサイルが「どこから発射されるか」について。

【戦争と兵器】弾道ミサイルの軌道【ロフテッド/ディプレスト】

弾道ミサイルの基礎知識について語る、その4です。今回は、弾道ミサイルの軌道について適当に。 ちなみに、前回までの記事は以下の通り。 【戦争と兵器】弾道ミサイルとは【基礎の基礎】 - Man On a Mission 【戦争と兵器】弾道ミサイルの命中精度【半数必中…

【戦争と兵器】弾道ミサイルの燃料【液体燃料と固体燃料】

弾道ミサイルの基礎知識について語る、その3です。。ちなみに、前々回は弾道ミサイルの概要、前回は弾道ミサイルの命中精度について書いてます。 【戦争と兵器】弾道ミサイルとは【基礎の基礎】 - Man On a Mission 【戦争と兵器】弾道ミサイルの命中精度【…

【戦争と兵器】弾道ミサイルの命中精度【半数必中界(CEP)】

弾道ミサイルの基礎知識について語る第二弾です。(とはいえ、あまり細かい話はしないので、詳細を知りたい方は専門書などをお読みください。)

【戦争と兵器】弾道ミサイルとは【基礎の基礎】

さて、前回にて「はじめての弾道ミサイル」V2ことA4ロケットについての記事を書きました。A4ロケットは、第二次大戦時のドイツが開発したもので、その後の弾道ミサイル・宇宙ロケットの礎となっております。ドイツ降伏後は、主にアメリカ・ソ連によるドイツ…

【戦争と兵器】はじめてのだんどうミサイル【V2ことA4ロケット】

前回、前々回の記事にて、巡航ミサイルとその始祖であるドイツのV1飛行爆弾について記事を書きました。 oplern.hatenablog.com oplern.hatenablog.com 巡航ミサイルと来れば次は弾道ミサイル、V1飛行爆弾と来れば次はV2ロケットと相場が決まっている(?)の…